トレースポイントの挿入/削除

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  ユーザーマニュアル > メニューコマンド > XSL/XQuery メニュー >

トレースポイントの挿入/削除

ic_insert_tracepoint        Shift+F9

XSL/XQuery | トレースポイントの挿入/削除」コマンドにより、XSLT/XQuery ドキュメント内のカーソル位置にトレースポイントが挿入、または削除されます。デバッグ中にトレースポイントがセットされたステートメントの終了ノードにたどり着くと、そのステートメントの結果がトレースウィンドウに表示されます。青色の点線がトレースポイントをセットしたノードの上に表示されます。終了ノードにトレースポイントをセットすることはできません。このコマンドは右クリックして表示されるコンテキストメニューからも利用することができます。

 

 


(C) 2019 Altova GmbH