トレースポイントの有効化/無効化

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  ユーザーマニュアル > メニューコマンド > XSL/XQuery メニュー >

トレースポイントの有効化/無効化

ic_insert_tracepoint        Ctrl+Shift+F9

XSL/XQuery | トレースポイントの有効化/無効化」コマンドにより、既に定義されたトレースポイントを有効/無効化することができます。トレースポイントが無効化されると、青色のトレースポイントが灰色で表示されます。無効化されたトレースポイントにおいて出力は行われません。ノード名までカーソルを移動させ、トレースポイントの有効/無効化コマンドをクリックして、トレースポイントを有効/無効化することができます。このコマンドは右クリックにより表示されるコンテキストメニューからも利用できます。

 


(C) 2019 Altova GmbH