XSL-FO の割り当て

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  ユーザーマニュアル > メニューコマンド > XSL/XQuery メニュー >

XSL-FO の割り当て

XSL/XQuery | XSL:FO の割り当て」コマンドにより FO ドキュメントへの変換を行うための XSLT スタイルシートが XML ドキュメントへ割り当てられます。このコマンドにより、XSL または XSLT ファイルを指定するためのダイアログが表示され、適切な処理命令が XML ドキュメントに挿入されます。

 

...に対する相対パスにするチェックボックスを有効にすることで、ファイルへのパスを相対パスにすることができます。ファイルの選択は( 参照 ボタンをクリックして)グローバルリソースや URL、(ウィンドウボタンをクリックして) XMLSpy にて既に開かれているファイルからも行うことができます。

 

メモ:XML ドキュメントには2つの XSLT ファイルを割り当てることができます。1つが標準的な XSLT 変換のためのもので、もう1つが FO への XSLT 変換で使用されます。

 


(C) 2019 Altova GmbH