エンコードされた外部ファイルの挿入

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  ユーザーマニュアル > メニューコマンド > XML メニュー > 挿入 >

エンコードされた外部ファイルの挿入

XML | 挿入 | エンコードされた外部ファイル」コマンドはグリッドビューでのみ使用でき、イメージファイルといったバイナリファイルを、エンコードされた文字として挿入することができます。エンコードされた外部ファイルがグリッドビューにおける選択対象の前に挿入されます。

 

コマンドをクリックすると、エンコードされた外部ファイルの挿入ダイアログが表示されます(以下のスクリーンショットを参照)。ファイルへのパスの入力とエンコードの選択を行い、エンコードされたファイルを要素の中に含めるか選択します。

InsertEncodedXMLFileDlg

エンコードならびに埋め込みが行われる外部ファイルの参照や名前の入力を行うことができます。Base-16 または Base-64 エンコーディングを指定する必要があります。エンコードされたテキストを要素内に収めるには、要素の作成チェックボックスにチェックを入れて、要素の作成テキストボックスに使用する要素の名前を入力してください。要素の作成チェックボックスがチェックされていない場合、エンコードされたテキストはカーソル位置に直接挿入されます。

 

「OK」 をクリックすることで、(それが指定されている場合、要素に収められたかたちで)選択されたファイルのエンコードされたテキストがカーソル位置に挿入されます。

 

エンコードされたファイルがグリッドビューにて表示されます(以下のスクリーンショットにおけるハイライトされた部分)。

InsertEncodedXMLFile

テキストビューでは、以下のような内容がファイルに挿入されます。

 

<img ext="jpg" encoding="xs:base64Binary">

  iVBORw0KGgoAAAANSUhEUgAAABAAAAAQAQMAAAAlPW0iAAAABlBMVEUAAAD/

  //+l2Z/dAAAAM0lEQVR4nGP4/5/h/1+G/58ZDrAz3D/McH8yw83NDDeNGe4U

  g9C9zwz3gVLMDA/A6P9/AFGGFyjOXZtQAAAAAElFTkSuQmCC

</img>

 

上の表示は JPG イメージファイルをテキストにエンコードしたものです。エンコードされたテキストの周りに img 要素が作成されます。

 


(C) 2019 Altova GmbH