ExternalID の追加

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  ユーザーマニュアル > メニューコマンド > XML メニュー > 追加 >

ExternalID の追加

ic_app_doc_ex_id

XML ファイル内の DOCTYPE 宣言には、DTD 宣言を含んでいる外部リソースに対する参照を含めることができます。このリソースは PUBLIC または SYSTEM 識別子により参照することができます。以下にその例を示します:

 

 

<!DOCTYPE doc_element_name PUBLIC "publicID" "systemID">

<!DOCTYPE doc_element_name SYSTEM "systemID">

 

SYSTEM 識別子は、外部リソースを識別する URI です。PUBLIC 識別子は場所に依存するものではなく、外部リソースの場所を相互参照するために使用することができます。例えば、XMLSpy XMLSpy がインストールされると、広く使用されている DTD や XML スキーマが、catalog.xml という名前のファイル内に記述され、その実体が C:\Program Files\Altova\Common2019\Schemas\フォルダー以下に収められることになります。XML ドキュメント内の PUBLIC 識別子は、これらのファイル内に記述されている DTD の相互参照に使用することができます。

 

グリッドビューにて XML ファイル内の DOCTYPE アイテムの「子」アイテムが選択されていると、「XML | 挿入 | ExternalID」コマンドが有効になります。このコマンドにより、外部識別子(PUBLIC または SYSTEM)のグリッドビュー行が挿入されます。識別子の種類とその値を入力してください。

xml_dtd_ext_id

上に示されるスクリーンショットのグリッドビューに対応したテキストビューは、以下のようになります:

 

<!DOCTYPE OrgChart SYSTEM "orgchart.dtd" [

<!ELEMENT name (#PCDATA)>

]>

 

メモ: External-ID の行は、選択されている DOCTYPE アイテムの子として追加したり、DOCTYPE アイテムの子アイテム(例:上の例における name という ELEMENT 宣言)が選択されているときに挿入や追加することができます。

 


(C) 2019 Altova GmbH