ターゲット名前空間の設定

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  ユーザーマニュアル > メニューコマンド > XBRL メニュー >

ターゲット名前空間の設定

「ターゲット名前空間の設定」コマンドにより、タクソノミドキュメントに対してターゲット名前空間をセットすることができます。このコマンドをクリックすると、ターゲット名前空間を設定ダイアログが表示されます(以下のスクリーンショットを参照)。目的のターゲット名前空間をプレフィックスとともに入力します。「OK」 をクリックして完了してください。

XBRLDlgSetTargetNS

ターゲット名前空間は以下のように定義、宣言されます:

 

 <xs:schema targetNamespace="http://www.altova.com/XBRL/Taxonomies"

            xmlns:ns1="http://www.altova.com/XBRL/Taxonomies" >

         ...

 </xs:schema>

 

上の記述では、ターゲット名前空間は targetNamespaces 属性とともに定義され、ns1 というプレフィックスで宣言されています。

 


(C) 2019 Altova GmbH