リンクロール

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  ユーザーマニュアル > メニューコマンド > XBRL メニュー >

リンクロール

リンクロールコマンドを選択すると、リンクロールダイアログが表示され、タクソノミに対してリンクロールの作成を行うことができます(以下のスクリーンショットを参照)。リンクロールはコンセプト定義ファイルの appinfo 要素内に保管されます(以下の表示を参照)。リンクロールは definitionLink 要素だけではなく、(例えば calculationLinkpresentationLink 要素など)その他種類のリレーションシップでも使用されます。

 

<xs:appinfo>

   <link:roleType id="SegmentRevenueAndOperatingIncome"

   roleURI="http://www.nanonull.com/taxonomy/role/SegmentRevenueAndOperatingIncome">

      <link:definition>006091 - Disclosure - Segment Revenue and Operating Income</link:definition>

      <link:usedOn>link:calculationLink</link:usedOn>

      <link:usedOn>link:definitionLink</link:usedOn>

      <link:usedOn>link:presentationLink</link:usedOn>

   </link:roleType>

</xs:appinfo>

 

上の表示では、このリンクロールを使用することができるリレーションシップの種類を指定する usedOn 要素が使用されていることに注目してください。

 

リンクロールダイアログのタクソノミタブでは、追加ボタンをクリックすることで、タクソノミにリンクロールを追加することができます。リンクロールの URI や ID を定義します(上の表示を参照ください)。どのリレーションシップに対してリンクロールが利用可能かを指定するには、適切なリレーションシップのチェックボックスにチェックを入れてください。参照しているリンクベースファイルカラムでは、各リンクロールに対してリンクロールを参照するリンクベースファイルを追加または削除することができます。

XBRLDlgLinkRoles

リンクベースタブでは、タクソノミのリンクロールに対して別のビューを提供します。このビューでは、(計算や表示リンクベースなどの)各リンクベースに従ってリンクロールの追加や閲覧を行います。コンボボックスからリンクベースを選択し、必要に応じてリンクロールを追加または削除します。例えば、リンクロールを計算リンクベースに追加することができます。追加ボタンをクリックすると、リンクベースファイルへの参照を追加ダイアログが表示されます(以下のスクリーンショットを参照)。

XBRLAddRefToLinkbase

このダイアログにおける各エントリーはコンボボックスとなっており、利用可能なオプションから選択を行うことができます。スキーマ内での宣言 フィールドにより、リンクロールが定義されているタクソノミを選択することができます。IDロール コンボボックスでは、利用可能なリンクロールを選択することができます。リンクロールを選択し、OK をクリックすると、リンクベースに参照が追加されます。タクソノミタブでは、参照したアークロールにより、参照しているリンクベースが参照しているリンクベースファイル カラムに追加されます。このリンクロールを特定種類のリレーションシップに使用する場合、適切なリレーションシップのチェックボックスにチェックを入れる必要があります。

 

タクソノミにてリンクロールが作成されると、 リレーションシップの作成時に使用することができます。

 


(C) 2019 Altova GmbH