インターフェイス

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  ユーザーマニュアル > メニューコマンド > WSDL メニュー > WSDL 2.0 コンポーネント >

インターフェイス

以下のコマンドをインターフェイスメニューにて使用することができます(以下のスクリーンショットを参照)。

mnuWSDL20CompsInterface

 

新たなインターフェイスの追加

メインウィンドウのインターフェイスカラムに、新たなインターフェイスボックスを追加します。インターフェイスボックスに表示されるデフォルトの名前がハイライトされ、そのまま新たな名前を入力することができるようになります。

 

インターフェイスの削除

選択されたインターフェイスを削除します。

 

fault 要素の追加

新たな fault 新たな fault 要素を選択されたインターフェイスへ追加します。インターフェイスボックスに表示される fault のデフォルト名がハイライトされ、そのまま新たな名前を入力することができるようになります。

 

fault 要素の削除

fault を削除します。

 

新規のオペレーションの追加

新たな operation 要素を選択されたインターフェイスへ追加します。追加するオペレーションの種類は、以下のスクリーンショットに示されるサブメニューから選択することができます。

mnuWSDL20CompsIntfaceOps

インターフェイスボックスに表示される operation のデフォルト名がハイライトされ、そのまま新たな名前を入力することができるようになります。

 

オペレーションの削除

選択されたオペレーションを削除します。

 


(C) 2019 Altova GmbH