テキストビュー設定

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  ユーザーマニュアル > メニューコマンド > 表示メニュー >

テキストビュー設定

icTextViewSettings

テキストビュー設定コマンドにより、テキストビュー設定ダイアログが表示され、テキストビューの設定を行うことができます(以下のスクリーンショットを参照)。テキストツールバーに配置されているショートカットアイコン icTextViewSettings を使用することでも、このコマンドを使用することができます。

TextViewSettingsDlg

 

余白

余白ペインでは、行番号、ブックマーク、そして折りたたみ余白を有効/無効にすることができます。これらはそれぞれ異なる種類の余白で、行番号、ブックマーク、ソースの折りたたみ(展開や縮退を行うためのアイコン)がそれぞれ表示されます。これら設定により、テキストビューにて余白が表示されるかが決定されます。ブックマークコマンドは編集メニュー内に配置されています。ノードの展開や縮退を行うには、折りたたみ余白が有効になっていなければなりません。

 

タブ

タブペインでは、タブの大きさを指定することができます。タブを挿入するかスペースを挿入するか決定するラジオボタンにより、インデントを使った整形がオプションダイアログのビュータブ (ツール | オプション)内で有効になっている際にタブを使用するのか、スペースによるインデントを行うかが決定されます。

 

視覚補助

視覚補助ペインには、インデントガイド(テキストのインデントを表示するための縦方向に走る破線)、改行マーカー、そして(下のスクリーンショットでピンク色で表示されている)空白マーカーを表示するための設定が含まれます。 タブは矢印にて、空白スペースは点線で示されています。空白スペースマーカーは、オプションダイアログのテキストビューオプション内でカスタム化することができます。

XSTextViewVisibleWhitespace

 

 

ハイライトの有効化

ハイライトが有効化されていると、テキストビュー内の選択の発生する箇所全てがハイライトされます。 このペイン内のオプションにより選択項目が構成されます。 選択は、大文字と小文字を区別しつつ用語、または、文字数に定義することができます。 文字の選択の場合は、一致する文字の最小数を指定することができます (例えば、2つまたは複数の文字)。テキストビュー内では、選択に一致する文字のシーケンスの発生すべてがハイライトされます。 用語検索の場合、引用符無しの要素名、属性名、属性値、と要素タグの角ブラケットが区切られている文字と考えられます。

 

キーマップ

キーマップには、XMLSpy のショートカットと関連するコマンドのリストが表示されます。

 


(C) 2019 Altova GmbH