ビュー

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  ユーザーマニュアル > メニューコマンド > ツールメニュー > オプション >

ビュー

ビューセクションでは、 XMLSpy における XML ドキュメントの表示方法をカスタマイズすることができます。.

OptionsView

 

グリッドビュー

グリッドビューに表示された XML 要素は、要素名が表示された行に縮退することができます。縮退が行われると、要素内にある属性もその行に表示されます。属性のプレビューを表示オプションが有効になっている場合、縮退された要素とともに、属性がグレーで表示されます。オプションが無効になっている場合、縮退された要素に属性は表示されません。グリッドに表示されているカラムを自動的に 最適な幅 となるよう指定することもできます。それ以外にも、最適幅やセルの高さの最大値を指定することができます。コンテンツがセル内に収まらない場合、省略記号が表示されます。

 

整形

編集 | XML テキストを整形して出力」を選択するか、他のビューからテキストビューへ切り替えることで、XML ドキュメントが「整形」されます。このダイアログにある「インデントを使用」オプションが有効になっている場合、整形を行うためにインデントが使用されます。= インデントに使用されるタブの大きさは、 テキストビュー設定ダイアログのタブグループにて指定することができます。

 

プログラムロゴ

アプリケーションの起動時に表示されるスプラッシュ画面を無効にすることで、起動時間を短縮することができます。更に、ライセンスを購入されている場合、プログラムロゴ、著作権情報、登録に関する詳細の印刷を XMLSpy にて行わないように指定することができます。

 

ウィンドウタイトル

各ドキュメントウィンドウのtめにウィンドウタイトルは、ファイル名、または、フルパス名になります。

 

Authentic View

このオプションが有効になっている場合、StyleVision Power Stylesheet をベースにした XML ファイルが Authentic View にて自動的に開かれます。

 

ブラウザービュー

ブラウザービューを独立したウィンドウとして表示して、編集を行なっているビューウィンドウに隣合わせで表示することができます。

 

スキーマビュー

XML スキーマデータ型は他のデータ型から派生することもあります。例えば xs:string を基底型として、電子メールに使用される要素のデータ型を派生させることができます(xs:string データ型を特定の文字セットに制限します)。その後基底型が変更された場合、以下にあるオプションのいずれかを選択することができます:

 

コンテンツの保持: 新たな基底型でも既存の定義を使用することができる場合、このオプションを有効にすることで、定義が自動的に保持されます。.
変更を確認する: 基底型を変更すると、(以下のスクリーンショットに示される)ダイアログが表示され、それまでの定義を保持したまま新たな基底型を使用し続けるか尋ねられます。

BaseTypeMod

 

保存して完了する

設定が完了したら、 「OK」 をクリックして完了します。

 


(C) 2019 Altova GmbH