WSDL デザインビュー

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  ユーザーマニュアル > メニューコマンド > ツールメニュー > オプション > フォントと色 >

WSDL デザインビュー

WSDL デザインビュー セクションでは、 WSDL ビュー 内のテキストアイテムの外観のためのカスタム化オプションが与えられています(下のスクリーンショットを参照してください)。

Click to expand/collapse

選択されたテキストアイテム型のために次のプロパティを設定することができます:

 

フォントフェイスとサイズ: 選択されたフォントは WSDL デザインビューの印刷内でも使用することもできます。全てのテキストアイテム型のために同じフォントフェイスまたはサイズを使用する場合、対応する、「全てに対して同じ設定を使用する」 チェックボックスをチェックします。
テキストスタイル、テキストの色、テキストの背景色: 個々のテキストアイテム型のスタイル、色、及び背景を設定します。 現在の設定は左側のペインのリスト内で直ぐに反映され、テキストアイテムの外観をプレビューすることができます。

 

 

メモ:

WSDL ドキュメントの生成されたドキュメント 内の WSDL ヘッダーとサービス名の書式設定はそれぞれ以下の設定から選択されます: ドキュメントスキーマヘッダー(2)、ドキュメント要素ヘッダー(2)、グリッドビューのテキストアイテム型

 

デフォルトに設定

デフォルトに設定ボタンによりオリジナルのインストール設定にフォントがリセットされます。

 

保存して完了する

設定が完了したら、 「OK」 をクリックして完了します。

 


(C) 2019 Altova GmbH