グリッドビュー

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  ユーザーマニュアル > メニューコマンド > ツールメニュー > オプション > フォントと色 >

グリッドビュー

グリッドビューのセクション (下のスクリーンショット) により XML ドキュメントのグリッドビュー (XML ビュー と XML テーブルビュー) および Avro ビューのグリッドビュー。 内のテキストの外観をカスタム化することができます。コンボボックス内でグリッドビューを構成するためのドキュメントの表示を選択します (スクリーンショットを参照)。書式設定するテキストアイテム型を選択し、希望する(下にリストされる)書式設定プロパティを割り当てます。

Click to expand/collapse

 

XML ビュー、 Avro ビュー

選択されたテキストアイテム型のために次のプロパティを設定することができます:

 

フォントフェイスとサイズ: 選択されたフォントは、グリッドビューの印刷内でも使用することもできます。全てのテキストアイテム型のために同じフォントフェイスまたはサイズを使用する場合、対応する、「全てに対して同じ設定を使用する」 チェックボックスをチェックします。
テキストスタイル、テキストの色、テキストの背景色: 個々のテキストアイテム型のスタイル、色、及び背景を設定します。. 現在の設定は左側のペインのリスト内で直ぐに反映され、テキストアイテムの外観をプレビューすることができます。

 

XML テーブルビュー

XML テーブルビュー の表示は、更に以下を区別するために構成することができます: (i) 選択が解除されたヘッダーから選択されたヘッダー、 (ii) 選択が解除されたから載せるからの選択された空のセル (空のセルをハイライトすることにより、不足するコンテンツを素早く検索することができます)。 区別は各アイテムに異なる背景色を割り当てることにより達成することができます (下のスクリーンショットを参照してください).

Click to expand/collapse

選択されていないヘッダー選択されたヘッダーは、カラムと行のヘッダーを表します。以下のスクリーンショットでは、選択されていないヘッダーが示されており、上のダイアログで選択された色が使用されています。

options_colors_1

全てのヘッダーが選択されたときに、選択されたヘッダーの色が表示されます(以下のスクリーンショットを参照)。個々のヘッダーが選択されても、その色は使用されません。以下のスクリーンショットでは、上のダイアログで定義された色が使用される様子を示しています。テーブルの左上にあるセルをクリックするか、テーブルとして作成された要素やその祖先を選択することで、全てのヘッダーを選択することができます。

options_colors_2

要素や属性が XML ドキュメント内に存在しない場合、そのセルを選択、または選択しない場合に、別の色を使用することができます。以下のスクリーンショットでは、最初の行と3番目の行にあるセルにより、定義した色が指定されている様子を確認することができます。

options_colors_3

メモ:ここで定義された色以外にも、XMLSpy では Windows の設定にて選択されたメニューの色も反映されます。

 

デフォルトに設定

デフォルトに設定ボタンによりオリジナルのインストール設定にフォントがリセットされます。

 

保存して完了する

設定が完了したら、 「OK」 をクリックして完了します。

 


(C) 2019 Altova GmbH