ツール

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  ユーザーマニュアル > メニューコマンド > ツールメニュー > カスタマイズ >

ツール

ツールタブでは、XMLSpy 内部から外部アプリケーションを使用するコマンドをセットアップすることができます。これらのコマンドは、「ツール | ユーザー定義ツール」メニュー以下に表示されます。例えば、作成されたツールメニューのコマンドを「ツール | ユーザー定義ツール」以下からクリックすることで、XMLSpy のメインウィンドウに表示されているアクティブなファイルを、メモ帳のような外部アプリケーションにて開くことができます。

CustomizeTools

以下の操作により外部アプリケーションを使用するコマンドをセットアップすることができます:

 

1.メニューコンテンツペインにて、ペインのタイトルバーにある新規作成アイコンをクリックし、作成されたアイテムにメニューコマンドの名前を入力します。上のスクリーンショットでは、メモ帳で開くというメニューコマンドが作成されており、アクティブなドキュメントを外部アプリケーションの(Windows に搭載されている)メモ帳にて開くようなコマンドを作成します。新規作成アイコンをクリックすることで、更にコマンドを追加することもできます。アイテムを上へならびにアイテムを下へアイコンを使用することで、コマンドの相対的な位置を変更することができます。コマンドを削除するには、削除アイコンをクリックしてください。
2.外部アプリケーションとコマンドを関連付けるには、メニューコンテンツペインにあるコマンドを選択し、コマンドフィールドにて外部アプリケーションの実行可能ファイルへのパスを入力するか、(入力フィールドの隣にあるボタンから)参照してください。上のスクリーンショットでは、メモ帳へのパスがコマンドフィールドへ入力されています。
3.引数フィールドにあるボタンをクリックすることで、外部アプリケーションに対して利用可能なアクションが表示されます(上のスクリーンショットを参照)。これらのアクションについては以下にあるリストを参照ください。アクションを選択すると、そのアクションに対応したコード文字列が引数フィールドに入力されます。
4.処理を行う際の初期ディレクトリを指定する場合、その値を初期ディレクトリフィールドに入力してください。
5.閉じるボタンをクリックすることで処理を完了します。

 

作成されたコマンドは、「ツール | ユーザー定義ツール」メニューと、プロジェクトウィンドウにてファイルを右クリックすることで表示されるコンテキストメニューの「ユーザー定義ツール」サブメニュー以下に表示されます。

 

新規作成されたコマンドをツールメニューにてクリックすると、コマンドに関連付けられたアクションが実行されます。上のスクリーンショットに示されたコマンドの例の場合、XMLSpy のメインウィンドウでアクティブなドキュメントがメモ帳で開かれます。外部アプリケーションコマンドへは、プロジェクトウィンドウのユーザーツールコンテキストメニューからもアクセスすることができます(プロジェクトウィンドウにあるファイルを右クリックすることでコンテキストメニューが表示されます)。プロジェクトウィンドウでは、複数のファイルを選択し、コンテキストメニューからコマンドを選択することで、複数のファイルに対して関連付けられたアクションを実行することができます。

 

引数

引数フィールドでは外部アプリケーションコマンドにより実行されるアクションが指定されます。以下の引数を利用することができます:

 

アクティブなドキュメントのファイルパス: 「ユーザー定義ツール」メニューにあるコマンドから、XMLSpy にてアクティブになっているドキュメントを外部アプリケーションで開きます。プロジェクトウィンドウのコンテキストメニューからコマンドへアクセスした場合、選択されたファイルが外部アプリケーションで開かれます。
プロジェクトファイルパス: XMLSpy のプロジェクトファイル(.spp ファイル)を外部アプリケーションにて開きます。

 

初期ディレクトリ

オプションとして、外部アプリケーションを実行する際にカレントディレクトリとして使用されるディレクトリへのパスを、初期ディレクトリフィールドへ入力することができます。

 


(C) 2019 Altova GmbH