SOAP リクエスト設定

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  ユーザーマニュアル > メニューコマンド > SOAP メニュー >

SOAP リクエスト設定

このコマンドは、SOAP リクエスト の異なる設定を指定することのできる、SOAP リクエスト設定 ダイアログを表示します。 (下のスクリーンショット)。これらの設定については下で説明されています。

 

1.SOAP リクエストドキュメントをアクティブにします。
2.メニューオプション Soap | SOAP リクエスト設定を選択します。 これにより、 SOAP リクエスト設定 ダイアログボックスが開かれます (下のスクリーンショット)。

 

 

Click to expand/collapse
3.アドレス フィールドに、希望する接続 エンドポイントに入力します。SOAP リクエストが XMLSpy 内の WSDL ファイルから作成されている場合、アドレス フィールドの値は、 WSDL 内で選択されたエンドポイントの場所になります。「リセット」 をクリックして、このエンドポイントを取得します。接続のタイムアウトの値は秒の単位で指定することができます。タイムアウト値を設定しない場合は、永続のチェックボックスを選択します。
4.アクション フィールドに実行する SOAP アクションを入力します。リクエストの送信を SOAP 1.2 として送信する場合、あと SOAP+XML (SOAP 1.2) として送信チェックボックスをチェックします。 SOAP リクエストが XMLSpy 内の WSDL ファイルから作成された場合、SOAP アクションは、 WSDL ファイル内の対応する SOAP バインドオペレーション下で受け入れられます。この場合、 SOAP バージョンは WSDL により選択されます(SOAP バージョンは以下の HTTP ヘッダー コンテンツ型値に影響を与えます: text/xml または application/soap+xml。) 「リセット」 をクリックして SOAP アクションを WSDL ファイルから取得します。
5.HTTP セキュリティ設定 ペインは、セキュリティ設定リストの概要を提供します。リクエストの送信中に例外を保管する オプションがチェックされていると、リクエストが送信されると全ての設定が保存され、次のリクエストのために再利用することができます。「編集」 ボタンをクリックして、  HTTP セキュリティ設定 ダイアログを表示します (下のスクリーンショット)。 サーバーの証明書のインストールの方法は、下で説明されています。

Click to expand/collapse

「ホスト名の不一致」 (サーバー 証明書内のホスト名と使用する実際の アドレス) または 「期限の切れたサーバーの証明書」 を許可する場合、ダイアログ内のオプションをチェックします。 サーバーが クライアント 証明書 を必要とする場合、 証明書の場所を指定します。 認証がサーバーにより必要とされる場合、ユーザー名パスワード を標準の認証のために指定します。最初のサーバーへのクライアントリクエストに必要な 認証の情報が含まれている場合、この処理は、プリエンプティブ 認証として扱われます。サーバーにより必要とされる場合、 プリエンプティブ 認証 オプションを選択します。 それ以外の場合は、プリエンプティブ 認証 オプションを選択しないでください。

6.トランスポートレイヤー上のセキュリティに加え、 (HTTP セキュリティ設定)  Web サービスにより必要とされる場合、Web サービス セキュリティ設定を指定することができます。  WS セキュリティ設定 ペインの 「編集」 ボタンをクリックして、 WS セキュリティ設定 ダイアログを表示します (下のスクリーンショット)。 セキュリティ情報には、ユーザー名、パスワード、パスワードの種類、自動的に生成されたノンスコード文字列、および、タイムスタンプが含まれています。 セキュリティ情報の有効期間(タイムスタンプの追加)も指定することができます。 ダイアログは、セキュリティ情報を含む XML フラグメントを作成し、リクエスト内で SOAP リクエスに埋め込みます。下のリストを参照してください。.

Click to expand/collapse

7.完了すると、 click OK.

 

信頼される 証明書について

Altova 製品は、 Internet Explorer (IE) を使用して、信頼できるウェブサーバーの信頼できる証明書を管理しています。 IE 内にウェブサーバーの証明書をインストールすると、警告を発行せずに、または、処理を中断することなく、IE はウェブサーバーにアクセスすることができます:

 

Internet Explorer 8 で、安全な ウェブサイトを開きます。
「ファイル | プロパティ」を選択して、 証明書 ボタンをクリックします。
「証明書のインストール」 をクリックして、証明書のインポート ウィザードを開始します。 (「ツール | インターネットオプション| コンテンツ | 証明書 | インポート」を使用してこのウィザードにアクセスすることができます)
手動で参照することのできる、信頼することのできるルート証明書機関ストアに証明書を保管します。
ウィザード ステップを完了し、証明書とプロパティ ダイアログをそれぞれ「OK」をクリックして閉じます。Internet Explorer を開く必要があるかもしれません。

 

メモ:SOAP メソッドと 対応する SOAP アクションへのアクセスが存在する場合のみ SOAP アクション設定を変更してください。

 

Web サービスセキュリティ情報

Web サービスの一部は、ユーザー 認証を必要とします。(Web サービス セキュリティの層は、サーバーにより実装される HTTP セキュリティの層に追加されます)。 Web サービス 認証の情報は、 SOAP リクエストに下の構造を持つ XML フラグメントとして保管されます。この XML フラグメント は、  WS セキュリティ設定 ダイアログに入力される Web サービス 認証の情報から、SOAP リクエスト内で自動的に生成されます。

 

<wsse:Security xmlns:wsse="" xmlns:wsu="" SOAP-ENV:mustUnderstand="true">

   <wsse:UsernameToken>

      <wsse:Username>usr</wsse:Username>

      <wsse:Password Type="...#PasswordText">pwd</wsse:Password>

      <wsse:Nonce EncodingType="…#Base64Binary">UqrtD963797WBRgWiJPu2w==</wsse:Nonce>

      <wsu:Created>2014-11-17T16:08:07.016Z</wsu:Created>

   </wsse:UsernameToken>

   <wsu:Timestamp>

      <wsu:Created>2014-11-17T16:08:07.016Z</wsu:Created>

      <wsu:Expires>2014-11-17T16:09:07.016Z</wsu:Expires>

   </wsu:Timestamp>

</wsse:Security>

 


(C) 2019 Altova GmbH