Soap デバッガーセッション、

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  ユーザーマニュアル > メニューコマンド > SOAP メニュー >

Soap デバッガーセッション、

このコマンドにより SOAP デバッグセッションが開始されます。

 

コマンドを選択すると、ダイアログボックスが表示されます。WSDL ファイルの位置を選択してください(通常は URL になります)。ファイルの選択は、グローバルリソース( ic_globalresource アイコンをクリックして、表示されるダイアログにてグローバルリソースを選択)や、XMLSpy で開かれているファイルからも選択することができます。
その後表示されるダイアログにて、デバッガープロキシサーバーとウェブサービスに必要なソースならびにターゲットのポートを選択します

 

この操作により、SOAP デバッガープロキシサーバーが非アクティブ状態で開かれます。SOAP ツールバーアイコンをクリックすることで、SOAP デバッガーが開始され、クライアントのリクエストを待つ状態になります。

 

より詳細な情報については SOAP のセクションを参照ください。

SOAPDebuggerOview

 


(C) 2019 Altova GmbH