スキーマ設定

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  ユーザーマニュアル > メニューコマンド > スキーマ設計メニュー >

スキーマ設定

ic_schema_settings

スキーマ設計 | スキーマ設定...」コマンドを使用することで、アクティブなスキーマに対してグローバルな設定を行うことができます。これらの設定は XML スキーマドキュメント要素 xs:schema の属性やその値に対して適用されます。

schema_sett_dialog

スキーマ設定ダイアログ内で定義される設定 (XSD モードが 1.1 に設定されている場合) は次の xs:schema 要素を作成します。

 

<xs:schema xmlns="http://www.altova.com/schemas/org"
 xmlns:xs="http://www.w3.org/2001/XMLSchema" 
 targetnamespace="http://www.altova.com/schemas/org" 
 elementFormDefault="qualified" 
 attributeFormDefault="unqualified"
 xpathDefaultNamespace="##targetNamespace" 
 version="1.1"

 defaultAttributes="Contact">

 

メモ:スキーマ設定 ダイアログの内容は、アクティブな XSD モードにより異なります。 XSD 1.0 がアクティブな モードな場合、 XSD 1.1 属性は、ダイアログ内に存在しません。

 

defaultAttributesxpathDefaultNamespace 属性は、 XML スキーマ 1.1 の機能で、XSD 1.1 モード のみで使用することができます。他の属性は、 XSD 1.0 と XSD 1.1 で使用することができます。

 

 

version 属性

バージョン 属性はドキュメントバージョンです。 ドキュメントの XSD バージョン ではありません。

 

 

defaultAttributes 属性

defaultAttributes 属性により、隙間内の全ての複合型のデフォルトの属性グループとして属性グループを選択することができます。  デフォルトの 属性 グループは、この複合型のコンテンツモデル内で表示されています。 下のスクリーンショット内では、 Contact 属性 グループがデフォルトの 属性 グループで、 グループ 要素上で自動的に使用することができます(上のスクリーンショット参照も参照してください) 。属性 グループを無効化するには、複合型 defaultAttributesApplyfalse に設定します。複合型の詳細入力ヘルパー内の defAttrs プロパティを使用してもこの設定を行うことができます (下のスクリーンショットを参照).

SchemaSettingsDefAttr

 

xpathDefaultNamespace 属性

xpathDefaultNamespace 属性は、スキーマ内で使用される XPath 式内の要素のためのデフォルトの名前空間を設定します。スキーマ設定 ダイアログ内で設定されている場合、トップレベル xs:schema 要素に属性が適用されます。宣言のスコープは、ドキュメント全体です。属性が許可されている箇所では、要素上の宣言が xs:schema 上の宣言を上書きすることが可能になります:

 

xs:assertxs:assertion
xs:alternative
xs:selectorxs:フィールド (識別制約)

 

上記の要素の入力ヘルパー内の XPath デフォルト名前空間を変更することができます。

 

xpathDefaultNamespace 属性には3つの許可された値が存在します:

 

##targetNamespace: XPath デフォルト名前空間 は、スキーマのターゲット名前空間と同じになります。
##defaultNamespace: XPath デフォルト名前空間 は、スキーマのデフォルトの名前空間と同じになります。
##local: XPath デフォルトの名前空間は存在しません。

 

XPath デフォルト名前空間がドキュメント内で宣言されていない場合、  XPath 式内のプレフィックスの無い要素には、名前空間は存在しません。 XPath デフォルト名前空間 宣言は、属性には適用されません。

 


(C) 2019 Altova GmbH