ソース管理を有効にする

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  ユーザーマニュアル > メニューコマンド > プロジェクトメニュー > ソース管理 >

ソース管理を有効にする

ソース管理を有効にするコマンドにより、アプリケーションプロジェクトのソース管理を有効化、または無効化することができます。このオプションを選択することで、プロジェクト全体のソース管理を有効化/無効化することができます。ソース管理が有効化されると、さまざまなファイルのチェックインとアウトの状況が抽出され、プロジェクトウィンドウ内に表示されます。

 

MSSharePtCheckedIn

チェックイン状態。チェックアウト可能。

MSSharePtCheckedOutByOther

他のユーザーによりチェックアウトされた状態。チェックアウト不可能。

MSSharePtCheckedOut

ローカルにチェックアウト済み。編集してチェックイン可能。

 


(C) 2019 Altova GmbH