ソース管理へ追加

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  ユーザーマニュアル > メニューコマンド > プロジェクトメニュー > ソース管理 >

ソース管理へ追加

ソース管理にプロジェクトが追加されると、ファイルを単一に、または、グループとしてソース管理に追加することができます。 プロジェクトウィンドウ内でファイルを選択し、 プロジェクト | ソース管理 | ソース管理に追加 をクリックします。複数のファイルを選択するには、追加するファイルをクリック中に Ctrl キー を押します。 (緑) プロジェクトフォルダー上でコマンドを実行するには、全てのファイルをソース管理のフォルダーとサブフォルダー内に追加します (下のスクリーンショットを参照) 。

SrcProjectWin01

ソース管理にファイルが追加されると、 (プロジェクトフォルダー階層構造ではなく)ローカルフォルダー階層構造がレポジトリ内でレプリケートされます。 ファイルがサブフォルダー内のローカルフォルダー内で X レベル下にあると、 ファイルの親フォルダー 他の祖先フォルダーは自動的にレポジトリに追加されます。

 

ソース管理にプロジェクトから最初のファイルが追加されると、 正確なバインドレポジトリ内に作成され、プロジェクトファイル (.spp ファイル) が自動的に追加されます。 詳細に関しては、ソース管理へ追加のセクションを参照してください。

 

ソース管理シンボル

ファイルとプロジェクトフォルダーには、下に示されるような特定のシンボルが表示されます。

 

MSSharePtCheckedIn

チェックイン状態。チェックアウト可能。

MSSharePtCheckedOutByOther

他のユーザーによりチェックアウトされた状態。チェックアウト不可能。

MSSharePtCheckedOut

ローカルにチェックアウト済み。編集してチェックイン可能。

 


(C) 2019 Altova GmbH