ソース管理

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  ユーザーマニュアル > メニューコマンド > プロジェクトメニュー >

ソース管理

Altova アプリケーション では、Microsoft SourceSafe や、それに準拠したリポジトリがサポートされます。これらシステムのインストール方法については、 サポートされているソース管理システムを参照ください。このセクションでは、XMLSpy 内部からソース管理システムへのアクセスを行う「プロジェクト | ソース管理」のサブメニューコマンドについて説明します。

 

ソース管理機能の概要

アプリケーションプロジェクト内部にあるファイルをソース管理へ配置するメカニズムは以下のようになっています:

 

1.XMLSpy にて、ソース管理へ配置するファイルが含まれているアプリケーションプロジェクトフォルダーを作成します。通常アプリケーションフォルダーは、プロジェクトファイルが含まれているローカルのフォルダーに対応しています。ローカルフォルダーへのパスは、ローカルパスと呼ばれます。
2.(ソース管理 または レポジトリとして参照される)ソース管理 システムのデータベース 内では、ソース管理下に置かれるファイルを含むフォルダーが作成されます。
3.プロジェクト | ソース管理 | ソース管理に追加」コマンドにより、アプリケーションプロジェクトファイルがソース管理へ追加されます。
4.チェックインやチェックアウト、ソース管理からファイルを削除といった、ソース管理に関するアクションは、「 プロジェクト | ソース管理 サブメニュー コマンドを使用することで行うことができます。このセクションのサブセクションでは、このサブメニューにあるコマンドに関する記述を行います。

 

メモ:現在使用しているソース管理プロバイダーを変更するには、(i) ソース管理オプション(ツール | オプション | ソース管理)から行う方法と、(ii) ソース管理の変更ダイアログ(プロジェクト | ソース管理 | ソース管理の変更)にて行う方法の2つが用意されています。

 

メモ:ソース管理プロジェクトは、アプリケーションプロジェクトとは異なるものです。ソース管理プロジェクトはディレクトリ構造に依存しているのに対して、XMLSpy プロジェクトはディレクトリ構造から独立した論理的な構造となっています。

 

詳細に関しては次のセクションを参照してください: ソース管理

 


(C) 2019 Altova GmbH