プロジェクトメニュー

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  ユーザーマニュアル > メニューコマンド >

プロジェクトメニュー

XMLSpy では、広く使用されているツリービューにより表示される XML プロジェクトを使用することで、複数のファイルや URL を管理することができます。 ファイルURL は拡張子などで フォルダー 内にグループ化することができ、バッチ処理などを簡単に行うことができるようになります。

43_mnu_project

メモ:プロジェクトに関連したコマンドは、プロジェクトウィンドウにあるアイテムを右クリックすることで表示されるコンテキストメニューからアクセスすることができます。

 

絶対パスと相対パス

各プロジェクトは、.spp という拡張子のついたプロジェクトファイルとして保存されます。これらのファイルの内容は XML ドキュメント形式で保存されており、通常の XML ファイルとしても編集することができます。プロジェクトファイルでは、同じ位置よりも高い場所に対しては絶対パスが、現在のフォルダーやサブフォルダーに対しては相対パスが使用されます。例えば、ディレクトリ構造が以下の様な状況で、

 

|-Folder1

|        |

|        |-Folder2

|                |

|                |-Folder3

|                        |

|                        |-Folder4

 

.spp ファイルが Folder3 内部にある場合、Folder1 ならびに Folder2 内部のファイルに対する参照は、以下のように記述されます:

 

c:\Folder1\NameOfFile.ext

c:\Folder1\Folder2\NameOfFile.ext

 

Folder3 ならびに Folder4 への参照は、以下のように記述されます:

 

.\NameOfFile.ext

.\Folder4\NameOfFile.ext

 

相対パスの使用を確実なものにするには、作業しているディスク(ドライブ)のルートディレクトリに .spp ファイルを配置してください。

 

ドラッグアンドドロップ

プロジェクトウィンドウでは、フォルダーをドラッグすることで、別のフォルダーや、同じフォルダー内における別の位置へ、そのフォルダーを移動することができます。ファイルをドラッグすることで別のフォルダーへの移動を行うことはできますが、同一フォルダー内における移動はできません(フォルダー内部のファイルはアルファベット順に表示されます)。更に、Windows ファイルエクスプローラーからプロジェクトウィンドウへ、ファイルのドラッグを行うこともできます。

 

プロジェクト内の検索

ファイルの名前、またはファイル名の一部からプロジェクト内部にあるファイルやフォルダーを検索することができます。検索が行われると、該当するファイルやフォルダーが1つずつハイライトされた状態で表示されます。

 

検索を行うには、検索を行うプロジェクトフォルダーをプロジェクトウィンドウにて選択し、「編集 | 検索」メニューコマンドを選択するか、Ctrl+F キーを押下します。検索ダイアログが表示されるので、検索を行う文字列を入力し、目的に従うかたちで検索オプションを指定します(以下のスクリーンショットを参照)。検索オプションについては以下を参照ください。

FindInProjects

以下の検索オプションが利用できます:

 

単語の完全マッチ: 入力された検索語とファイルまたはフォルダー名が完全に一致するかチェックされ、厳格な検索を行うことができます。ドット (".")の前後に入力された文字列も単語として認識され、例えばファイルの拡張子だけを入力して検索を行うことができます。
大文字小文字を区別: 検索語として入力された文字列の大文字と小文字を区別するかどうか指定することができます。
フォルダー名を検索: フォルダー名を検索の対象に含めます。選択されていない場合、ファイル名だけが検索されます。
外部フォルダー を検索の対象に加える、または対象から外す事ができます。外部フォルダーはシステムまたはネットワーク上に実在しているフォルダーで、プロジェクト内部で論理的に作成されたプロジェクトフォルダーとは異なるものです。

 

検索が正常に行われた場合、最初にマッチしたアイテムがプロジェクトウィンドウにてハイライトされます。検索ダイアログにある次を検索ならびに前を検索ボタンをクリックすることで、その他のマッチを参照することができます。

 

プロジェクトの更新

外部 フォルダーに変更が加えられた場合、この変更は、プロジェクトが更新されるまで、プロジェクトウィンドウ内で反映されません。

 

コンテキストメニュー内のグローバルリソース

プロジェクトウィンドウのフォルダーを右クリックすると、コンテキストメニューが表示され、その中にあるグローバルリソースファイルを追加メニューアイテムから、 グローバルリソース を追加することができます。メニューコマンドにより、グローバルリソースファイルを追加ダイアログが表示され、現在アクティブなグローバルリソース XML ファイルにある全てのファイル型ならびにフォルダー型のグローバルリソースが表示されます。目的のグローバルリソースを選択すると、選択されたプロジェクトフォルダーに追加されます。

 

プロジェクトならびにソース管理プロバイダー

XMLSpy プロジェクトをソース管理リポジトリに追加する場合、プロジェクト内にあるファイルを、プロジェクトファイルが収められている場所以下に配置するようにしてください。

 

プロジェクトファイルが位置している場所が、ソース管理リポジトリ内部にあるプロジェクトのルートディレクトリになります。これ(プロジェクトルートディレクトリ)より上の階層にあるファイルで XMLSpy プロジェクトに加えられたファイルは、(仮にファイルの配置ができたとしても)リポジトリ内部にて予期しない場所に配置される可能性があります。

 

例えば、上に示したディレクトリ構造で、プロジェクトファイルが Folder3 に保存され、ソース管理にも配置されると:

 

·

Folder1 に追加されたファイルはソース管理にて配置されない場合があります。

·

Folder2 に追加されたファイルは、(プロジェクトフォルダーではなく)リポジトリのルートディレクトリに追加されますが、それでもソース管理以下に配置されます。

·

Folder3 ならびに Folder4 に配置されているファイルは、ソース管理以下においても期待されている通りの場所に配置されます。

 


(C) 2019 Altova GmbH