開く

www.altova.com すべてを展開/折りたたむ このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  ユーザーマニュアル > メニューコマンド > ファイルメニュー >

開く

アイコンとショートカット

 

アイコン:

ic_open

ショートカット:

Ctrl+O

 

説明

開くコマンドにより、慣れ親しんだ Windows の開くダイアログが表示され、XML に関するドキュメントや、テキストドキュメントを開くことができます。開くダイアログでは、2つ以上のファイルを開くことができます。ファイルの種類コンボボックスを使用することで、ダイアログボックスに表示されるファイルの型セクションを制限することができます(表示されるファイルの種類一覧は、オプションダイアログ(「ツール | オプション」)にて設定することができます)。XML ファイルが開かれると、整形式のチェックが行われます。ファイルが整形式で無い場合、整形式に関するエラーが表示されます。エラー箇所を修正して、メニューコマンドから XML | 整形式のチェック (F7)を選択します。   ファイルを開く再に自動検証 を行うよう選択しており、ファイルが妥当でない場合、エラーメッセージが表示されます。エラー箇所を修正して、メニューコマンドから「 XML | XML の検証 (F8) 」を選択して、再度検証を行います。

 

Click to expand/collapseURL と グローバル リソースを使用してファイルを選択または保存する

「ファイルを開く」 および 「ファイルの保存」 ダイアログでは、 URL  またはグローバルリソースを使用して必要なファイルを選択またはファイルを保存することができます (下のスクリーンショット参照)。選択プロセスに移動するために 「URL に切り替える」 または 「グローバルリソースに切り替える」 をクリックしてください

Click to expand/collapse

 

 

 

URL を使用してファイルを切り替える

URL から(開くまたは保存する)ファイルを選択するには以下を行ってください:

 

1.「URL に切り替える」 コマンドをクリックします。 これにより、開くまはた保存ダイアログの URL モードにスイッチされます。(下のスクリーンショットは開くダイアログを表示しています)。

 

Click to expand/collapse

 

2.アクセスする URL をサーバー URL フィールドに入力します  (上のスクリーンショット)。サーバーが Microsoft® SharePoint® Server の場合、 Microsoft® SharePoint® Server チェックボックスをチェックしてください。この種類のサーバー上にあるファイルと作業する場合、下の Microsoft® SharePoint® Server メモを参照してください。
3.サーバーがパスワードにより保護されている場合、ユーザーIDとパスワードをユーザー とパスワードのフィールドに入力してください。
4.「参照」 をクリックして、サーバーのディレクトリ構造をナビゲートします。
5.フォルダーツリー内でロードするファイルを参照してクリックします。
Click to expand/collapse

ファイル URL がファイル URL フィールドに表示されます (上のスクリーンショット参照)。 「開く」 または 「保存」 ボタンはこの時点からアクティブになります。

6.「開く」 をクリックしてファイルをロードするか、「保存」 をクリックして保存します。

 

 

以下の点に注意してください:

 

WebDAV をサポートするサーバーと Microsoft SharePoint Servers のみで参照機能を使用することができます。サポートされるプロトコールは FTP、 HTTP および HTTPS です。
ファイルを開く際のロード処理を更に管理するには、ローカルのキャッシュまたはプロキシのサーバーからファイルをロードします。 (ファイルが事前にロードされることにより更に処理スピードを向上することができます)。また、電子出版またはデータベースシステムなどの作業中のファイルを再ロードして、 「再ロード」 オプションを選択します。

.

 

 

Click to expand/collapseMicrosoft® SharePoint® Server メモ

Microsoft® SharePoint® Servers に関する以下の点に注意してください:

 

「利用可能なファイル」 ペインに表示されるディレクトリ構造では、ファイルアイコンにはファイルのチェックイン/チェックアウトの状態を表示するシンボルがあります (下のスクリーンショット)。

Click to expand/collapse

ファイルを右クリックすると、ファイルで使用することのできるコンテキストメニューがポップアップします(上のスクリーンショット)。

 

異なるファイルアイコンが以下に表示されています:

 

inc-MSSharePtCheckedIn

チェックインされています。チェックアウトできます。

inc-MSSharePtCheckedOutByOther

他のユーザーによりチェックアウトされています。チェックアウトできません。

inc-MSSharePtCheckedOut

ローカルでチェックアウトされています。編集およびチェックインすることができます。

 

ファイルをチェックアウトした後、 Altova アプリケーションを使用して編集することができ、「ファイル | 保存 (Ctrl+S)」 を使用して保存することができます。
編集されたファイルを「 URL を開く」 ダイアログのコンテキストメニューからチェックインすることができます(上のスクリーンショット参照) または、アプリケーションのメインウィンドウのファイルタブを右クリックすることによりポップアップするコンテキストメニューを使用して (下のスクリーンショット).

inc-MSSharePtCheckInViaFileTab

ファイルが他のユーザーによりチェックアウトされている場合、チェックアウトすることができません。
ファイルがローカルでチェックアウトされている場合、コンテキストメニューのチェックアウトを元に戻すコマンドを使用してチェックアウトを元にもどすことができます。これによりファイルを変更することなくサーバーに戻すことができます。
Altova アプリケーションでファイルをチェックアウトした場合、他の Altova アプリケーションでチェックアウトすることはできません。ファイルは既にチェックアウト済みと見なされます。 この時点で使用できる Microsoft® SharePoint® Server をサポートする Altova アプリケーションのコマンドは、以下の通りです: 「チェックイン」 および 「チェックアウトを元に戻す」 です。

 

 

 

 

Click to expand/collapseグローバルリソースを使用してファイルを選択または保存する

グローバルリソースを使用してファイルを開くまたは保存する場合、 「グローバルリソースに切り替える」 をクリックします。 グローバルリソースを選択することのできるダイアログがポップアップします。このダイアログの詳細については、 グローバルリソースを使用する. グローバルリソースの一般的な説明に関しては、このドキュメントの グローバルリソース  のセクションを参照してください。

 

 


(C) 2019 Altova GmbH