メモリキャッシュの破棄

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  ユーザーマニュアル > メニューコマンド > DTD/スキーマメニュー >

メモリキャッシュの破棄

DTD/スキーマ | メモリキャッシュの破棄」コマンドにより、メモリ上にキャッシュされているスキーマ(DTD ならびに XML スキーマ)ドキュメントを破棄します。XMLSpy では検証や編集のスピードを向上させるため、最近使用されたスキーマドキュメントや外部の解析されたエンティティをメモリに蓄えます。キャッシュされているドキュメントから得られた情報は、 定義へ移動 コマンドが呼び出された時などにも表示されます。

 

メモリにあるキャッシュを破棄することで、システム上のメモリ空き容量を増やしたり、ベースとしているスキーマの情報を更新することができます。

 


(C) 2019 Altova GmbH