スキーマを DTD に変換する

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  ユーザーマニュアル > メニューコマンド > DTD/スキーマメニュー >

スキーマを DTD に変換する

スキーマを DTD に変換する コマンドは、 XML スキーマがアクティブなドキュメントな場合に有効化されています。  XML スキーマドキュメント (XSD) を DTD に変換します。

 

コマンドは、生成された DTD ファイルを保存する保存先を選択する保存ダイアログをポップアップします。 「保存」 をクリックして、変換を行います。 DTD ファイルは生成され、XMLSpy 内で開かれます。

 

以下の点に注意してください:

 

1.XML スキーマを DTD に変換する場合、名前空間 URI または 名前空間宣言内ではなく、 XML スキーマ内で使用される名前空間プレフィックスは、 DTD 内の対応する要素と属性の名前全体で使用されます。
2.DTD に対して XML ドキュメントの検証を行う際、名前空間は無視されます。名前空間の宣言そのものは変換されません。
3.xs:schema 要素の elementFormDefault ならびに attributeDefault 属性により、どの要素や属性が変換処理に含まれるか指定することができます。unqualified がセットされていると、変換の際にグローバルに宣言された要素や属性に対してだけプレフィックスが含まれます。qualified がセットされていると、変換の際に全ての属性や要素に対してプレフィックスが含まれます。
4.プレフィックスは、それぞれ対応する文字列とコロンに変換されます。デフォルトの名前空間にある要素や属性は、default_NS_X で始まる名前に変換されます(X には 1 から始まる数値が入り、XML スキーマで使用されているデフォルトの名前空間の数だけ数値は用意されます)。
5.DTD において、要素名はパラメーターエンティティにより構成されます。これにより、XML ドキュメント内にあるプレフィックスが変更されたときでも、DTD 内のプレフィックスを簡単に変更することができるようになります。パラメーターエンティティ定義の変更は、DTD ドキュメント内で直接行うか、XML ドキュメントの内部 DTD サブセットにてパラメーターエンティティをオーバーライドすることで行うことができます。

 

メモ:DTD における名前空間はセマンティックな意味を持っておらず、XML スキーマから変換された名前空間プレフィックスは、DTD で定義された要素名や属性名における文字列の一部でしかありません。

 


(C) 2019 Altova GmbH