クエリペイン:説明と機能

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  ユーザーマニュアル > メニューコマンド > DB メニュー > データベースをクエリする >

クエリペイン:説明と機能

クエリペインは、選択されたデータベースに対してクエリを実行するためのインテリジェントな SQL エディターです。クエリを入力した後は、データベースクエリウィンドウの実行コマンドをクリックすることでクエリが実行され、その結果と実行メッセージが 結果/メッセージペインにて表示されます。クエリの操作方法については、 クエリペイン:クエリの使用方法を参照ください。このセクションでは、以下に示されるクエリペインの主要な機能を記述します。

 

データベースクエリツールバーにある SQL エディターアイコン
SQL エディターオプション
SQL ステートメントの自動補完
SQL スクリプトの領域定義
SQL スクリプト内へのコメント挿入
ブックマークの使用

 

データベースクエリツールバーの SQL エディターアイコン

データベースクエリウィンドウのツールバーでは以下のアイコンが用意されており、SQL エディターを使用する際に利用することができます:

 

ic_dbqry_execute

実行

現在選択されている SQL ステートメントを実行します。スクリプトに複数のステートメントが含まれており、そのうちどれも選択されていない場合、全てのステートメントが実行されます。

ic_dbqry_executeedit

データ編集の実行

実行コマンドと同じですが、結果タブに表示される結果を編集することができます。

ic-sql-import

SQL ファイルのインポート

SQL ファイルを SQL エディターにて開きます。

ic-sql-export

SQL ファイルのエクスポート

SQL クエリを SQL ファイルに保存します。

ic_undo

元に戻す

SQL エディターでなされた変更を回数に制限なく元に戻します。

ic_redo

やり直し

SQL エディターでなされた「元に戻す」コマンドからやり直しを行います。

ic_dbqry_hidewin

XML を開く際に DB クエリを隠す

XML ドキュメントが開かれたときに、DB クエリウィンドウを隠すかどうか選択します。

ic_dbqry_autocommitxmledit

XML 保存時に自動コミット

編集された XML ドキュメントを XMLSpy にて保存する際に、このボタンが有効になっていれば、DB へのコミットが自動的に行われます。そうでない場合、結果ペインから明示的にコミットを行う必要があります。

ic-sql-options

オプション

SQL エディターのオプションダイアログを開きます。

ic-sql-openinDBS

SQL スクリプトを DatabaseSpy で開く

Altova の DatabaseSpy にて SQL スクリプトを開きます。

 

 

オプション

データベースクエリツールバーのオプションアイコンをクリックすることで、オプションダイアログが表示されます(以下のスクリーンショットを参照)。左側にあるペインから設定のページを選択し、そのページのオプションを指定することができます。ページデフォルトにリセットボタンをクリックすることで、そのページのオプションを、デフォルトの設定にリセットすることができます。

dbquery_options

重要な設定を以下に記します:

 

全般 / エンコード :新たな SQL ファイルや、エンコーディングを特定できない既存 SQL ファイルのエンコーディングならびにバイトオーダーマーク (BOM) をセットするオプションです。既存 SQL ファイルのエンコーディングを特定できた場合、エンコーディングを変更すること無く、開かれたファイルは保存されます。
SQL エディター :構文による色付けや実行時のデータソース接続などを有効にすることができます。クエリの実行にはタイムアウトを設定することができ、指定された値を超えて時間が経過すると、タイムアウトの変更を促すダイアログが表示されます。入力ヘルパーのバッファーは、データソースへの接続時、またはそれが最初に求められた際に埋められるよう指定することができます。テキストビュー設定ボタンにより XMLSpy のテキストビューオプションウィンドウが開きます。 .
SQL エディター / SQL 生成 :オブジェクトをブラウザーペインからクエリペインへドラッグすると、アプリケーションにより SQL ステートメントが生成されます。SQL ステートメント生成に関するオプションは、SQL 生成タブにて指定することができます。データベースペインからデータベースの種類を選択することで、各種データベースに対して個別のオプションを指定することができます。全てのデータベースに適用チェックボックスにチェックを入れることで、現在選択されているオプションが、全種類のデータベースに対して適用されます。オプションには、セミコロンをステートメントに追加したり、識別子をエスケープ文字により囲むなどがあります。エディターによりセミコロンを追加 チェックボックスが有効になっている場合、SQL ステートメントが SQL エディターにて生成された際に、セミコロンが追加されます。JDBC 接続により Oracle データベース、IBM iSeries、そして DB2 データベースへ接続し、データの編集を行うには、このチェックボックスのチェックを外す必要があります。
SQL エディター / 結果ビュー :結果タブのオプションを指定します。
SQL エディター / フォント :テキストエディターならびに結果ビューのフォントを指定します。

 

 

SQL スクリプトの領域を定義

領域とは、SQL スクリプトにて選択され、1つのまとまりとして宣言された箇所のことです。領域により、縮退や展開、スクリプトの一部だけ非表示にすることが可能になります。領域を他の領域の中にネストすることもできます。領域の開始位置と終了位置は、-- region ならびに -- endregion コメントにより、それぞれ定義されます。オプションとして、-- region の後ろに文字列を入力することで、領域に名前を付けることができます(以下のスクリーンショットを参照)。

DBQueryRegions

領域を挿入するには、領域に含めるステートメントを選択し、右クリックにて表示されるコンテキストメニューから、領域の挿入を選択します。展開/縮退可能な領域が作成されます。必要な場合は、領域に名前を追加してください。上のスクリーンショットで表示されている行番号にも注目してください。領域を削除するには、-- region ならびに -- endregion を削除してください。

 

 

SQL スクリプトにコメントを挿入

SQL スクリプトに表示されているテキストはコメントアウトすることができます。これらコメントはスクリプトの実行時にスキップされます。

 

ブロックのコメントアウトを行うには、ブロックを選択して、右クリックで表示されるコンテキストメニューから、ブロックコメントを挿入/削除を選択します。ブロックコメントを削除するには、コメントを選択し、右クリックからブロックコメントを挿入/削除を選択します。
行や、行の一部をコメントアウトするには、行コメントを挿入する場所にカーソルを移動し、右クリックから行コメントを挿入/削除を選択します。行コメントを削除するには、コメントを選択し、右クリックから行コメントを挿入/削除を選択します。

 

 

ブックマークの使用

特定の行にブックマークを挿入し、ドキュメント内のブックマークによりナビゲーションを行うことができます。ブックマークを挿入するには、ブックマークする行にカーソルを移動させ、右クリックにより表示されるコンテキストメニューから、ブックマークの挿入/削除を選択します。次や前のブックマークに移動するには、右クリックから次のブックマークへ移動または前のブックマークへ移動を選択します。ブックマークを削除するには、削除するブックマークの行にカーソルを移動させ、右クリックからブックマークの挿入/削除を選択します。全てのブックマークを削除するには、右クリックから全てのブックマークを削除を選択します。

 


(C) 2019 Altova GmbH