ブラウザーペイン:DB オブジェクトの閲覧

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  ユーザーマニュアル > メニューコマンド > DB メニュー > データベースをクエリする >

ブラウザーペイン:DB オブジェクトの閲覧

ブラウザーペインでは、選択されたデータベースにあるオブジェクトの概要が表示されます。この概要には、どのカラムが主キーや外部キーかといった、データベース制約情報も表示されます。IBM DB2 バージョン 9 データベースでは、登録された XML スキーマも別のフォルダーにてブラウザービューに表示されます。

 

このセクションでは以下のことがらに関する記述を行います:

 

ブラウザーペインにて利用可能な レイアウト
データベースオブジェクトのフィルタリングの方法
データベースオブジェクトの検索の方法

 

ブラウザーペインレイアウト

デフォルトのフォルダーレイアウトでは、データベースオブジェクトが階層構造で表示されます。選択されたオブジェクトにより、右クリックにより表示されるコンテキストメニューのオプションが変化します。

DBQueryBrowserPane

ブラウザーのレイアウトを選択するには、ブラウザーペインのツールバーにあるレイアウトアイコンをクリックし、ドロップダウンリストからレイアウトを選択します(以下のスクリーンショットを参照)。選択されたレイアウトによりアイコンが変化することに注意してください。

DBQueryBrowserLayout

利用可能なレイアウトは以下のとおりです:

 

·

フォルダー :データベースオブジェクトを、オブジェクトの種類ごとにフォルダー形式の階層構造で表示します。デフォルトの設定です。

·

スキーマなし :フォルダーレイアウトに似ていますが、データベーススキーマフォルダーは表示されません。そのため、テーブルはデータベーススキーマによりカテゴライズされません。

·

フォルダーなし :フォルダーを使用すること無く、データベースオブジェクトを階層構造で表示します。

·

フラット :データベースオブジェクトを、型ごとに最初の階層構造レベルにおいて割り振ります。例えば、個々のカラムが対応するテーブルに含められるのではなく、全てのカラムが特定のカラムフォルダーに収められて表示されます。      

·

テーブルの依存関係 :他のテーブルとのリレーションシップに従い、テーブルをカテゴライズします。外部キー付きのテーブル、外部キーにより参照されているテーブル、そして他のテーブルに対してリレーションシップを持たないテーブルがカテゴリーとして表示されます。

 

テーブルをユーザーテーブルならびにシステムテーブルで並べ替えるには、スキーマなし、またはフラットレイアウトへの切り替えを行い、テーブルフォルダーを右クリックして、ユーザーとシステムテーブルの並べ替えを選択します。ユーザーテーブルならびにシステムテーブル内のテーブルがアルファベット順に並べ替えられます。

 

 

データベースオブジェクトのフィルタリング

ブラウザーペインでは、(フォルダーなしと、テーブルの依存関係レイアウトを除き)スキーマ、テーブル、そしてビューを、名前や名前の一部によりフィルタリングすることができます。オブジェクトのフィルタリングは文字の入力により行われます。フィルタリングにおいて、大文字と小文字は区別されません。

 

以下の操作により、ブラウザーペインにてオブジェクトのフィルタリングを行うことができます:

 

1.ブラウザーペインのツールバーにあるフォルダーコンテンツのフィルターアイコンをクリックします。フィルターアイコンが、テーブルならびにビューフォルダーの隣に表示されます(以下のスクリーンショットを参照)。

DBQueryBrowserFilter

2.新たに表示される入力フィールドにて、フィルタリングを行う文字列を入力します(以下のスクリーンショットでは、テーブルフォルダーに対して Su というフィルタリングが行われています)。入力しながらも、フィルタリングは行われます。

DBQueryBrowserFilterMenu

3.新たに表示される入力フィールドにて、フィルタリングを行う文字列を入力します(以下のスクリーンショットでは、テーブルフォルダーに対して Su というフィルタリングが行われています)。入力しながらも、フィルタリングは行われます。

DBQueryBrowserFiltered

 

データベースオブジェクトの検索

以下にあるように、ブラウザーペインのオブジェクトロケーターを使用するで、特定の名前を持ったデータベースアイテムを検索することができます。

 

1.ブラウザーペインのツールバーにて、オブジェクトロケーターアイコンをクリックします。ブラウザーペインの下部にドロップダウンリストが表示されます。
2.リストの入力フィールドに検索文字列を入力します。以下のスクリーンショットでは、例として Su という文字列が入力されています。ドロップダウンリストの矢印をクリックすることで、その検索文字列を含む全てのオブジェクトが表示されます。

DBQueryObjectLocator

3.リスト内のオブジェクトをクリックして、ブラウザーペインにて確認します。

 


(C) 2019 Altova GmbH