XML スキーマの管理

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  ユーザーマニュアル > メニューコマンド > DB メニュー > IBM DB2 >

XML スキーマの管理

 

XML スキーマの管理機能により、個々のデータベーススキーマから、IBM DB2 データベースへスキーマを追加したり、削除することができます。以下の操作によりスキーマの管理を行うことができます:

 

·

IBM DB2 データベースへの接続

·

XML スキーマを追加または削除するためのデータベーススキーマを選択

·

スキーマの管理操作を行う

 

これらステップに関する詳細を以下に記します。

 

IBM DB2 データベースへの接続

「XML スキーマの管理」コマンドをクリックすることで、データベースの XML スキーマ管理ダイアログが表示されます(以下のスクリーンショットを参照)。

DB2ManageSchemaDlgStart

目的のデータベースに対して接続がなされていない場合、まずは接続を行う必要があります。既に接続が確立されている場合、その情報がデータベースコンボボックスに表示されます。接続処理を開始するには、ダイアログのクイック接続アイコン ic_db2_quickconnect をクリックします。アイコンをクリックすることで、クイック接続ダイアログが表示され、データベースへの接続を行うことができます。クイック接続ダイアログの使用方法については、 データベースへ接続 セクションを参照ください。

 

XML スキーマのリストを表示

IBM DB2 データベースへの接続が確立されると、データベースがコンボボックスの中に表示されます(以下のスクリーンショットを参照)。複数のデータベースへの接続が行われている場合、このコンボボックスから目的のデータベースを選択することができます。以下のスクリーンショットでは、SV_USR データベースが選択されています。

DB2manageSchemasXSDList

右にあるコンボボックスには、現在選択されている IBM DB2 データベースにあるデータベーススキーマのリストが表示されます。データベーススキーマがこのコンボボックスで選択されると、そのデータベーススキーマに登録されている全ての XML スキーマがメインペインにて表示されます。上のスクリーンショットでは、Altova_User データベーススキーマに登録された全ての XML スキーマが、配置されている場所とともに表示されています。詳細を表示チェックボックスにチェックを入れることで、更に詳細な情報がメインペインに表示されます。

 

XML スキーマの管理

選択されたデータベーススキーマに対して登録されているスキーマがメインペインにて表示されます。XML スキーマのリストが表示されると、スキーマをリストに加えたり、リストからスキーマを削除することができます。

 

スキーマを追加するには、「追加」ボタンをクリックし、目的のスキーマファイルを指定します。選択されたスキーマファイルがリストに表示されます。「変更をコミット」ボタンをクリックすることで、新たに追加されたスキーマがデータベーススキーマに登録されます。

 

スキーマを削除するには、メインペインにてスキーマを選択し、「スキーマを削除」ボタンをクリックします。削除フラグがそのスキーマに割当てられ、変更が次にコミットされる際に、そのスキーマが削除されることを示します。フラグが立てられたスキーマを選択し、「削除フラグを消す」ボタンをクリックすることで、削除フラグを取り消すことができます。「変更をコミット」ボタンをクリックすると、削除フラグが立てられている全てのスキーマに対して、データベーススキーマの登録解除が行われます。

 

スキーマを表示ボタンをクリックすることで、スキーマが XMLSpy で開かれます。XML スキーマ管理ダイアログを閉じるには、「閉じる」ボタンをクリックしてください。

 

 

レポート

「変更をコミット」ボタンをクリックすると、加えられた変更に従うかたちでデータベースが変更されます。コミット処理のレポートは、レポートペインに表示され、処理が正常に行われたかの確認や、エラーが発生した際のデバッグに役立てることができます(以下のスクリーンショットを参照)。新たなレポートメッセージは、それまでのメッセージに続くかたちで表示されます。

DB2ManageSchemasReport

レポートペインにあるツールバーには、表示のカスタマイズやナビゲーション、クリップボードにレポートをコピーしたり、テキストの検索やクリアを行うためのアイコンが含まれています(以下のスクリーンショットを参照)。

DB2ManageSchemasReportTbar

「フィルター」アイコンを使用することで、特定の種類のメッセージを非表示にすることができます。「次」ならびに「前」アイコンにより、選択箇所を移動することができます。表示されているメッセージは、子コンポーネントを含めて(または含めないで)クリップボードにコピーすることができ、その後ドキュメントへの貼付けを行うことができます。「検索」機能により検索語を指定し、その用語を上又は下方向に検索することができます。更に、「クリア」アイコンを使用すると、メッセージペインに表示されているコンテンツをクリアすることができます。

 


(C) 2019 Altova GmbH