テキストファイルへエクスポート

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  ユーザーマニュアル > メニューコマンド > 変換メニュー >

テキストファイルへエクスポート

ic_conv_exp_txt_db

変換 | テキストファイルへエクスポート」コマンドにより、XML データをテキスト形式でエクスポートすることで、データベースやレガシーなシステムと、データの受け渡しを行うことができます。ダイアログは2つのパートから構成されます(それぞれ別々にスクリーンショットを以下に示します)。

 

上部にある2つのタブ: (i) 選択範囲ならびに (ii) エクスポートオプション
下部にあるプレビューウィンドウ

 

ダイアログにて目的のオプションを選択した後、エクスポートボタンをクリックしてテキストファイルへのエクスポートを行います。

 

選択範囲

選択範囲タブでは、エクスポートするファイルの出力先と、テキスト生成に関するオプションを指定することができます(以下のスクリーンショットを参照)。

URefConvert_Exp2Text_Selection

出力先 :ファイルをフォルダーへ直接エクスポートします。ファイルの拡張子を指定することができます。ファイル名は、エクスポートする XML ファイル内にある要素の名前により決定されます。他にも、新規ファイルとして XMLSpy へエクスポートすることもできます。この場合ファイルは GUI にて表示され、後から保存することができます。.

 

コメントを含める :このオプションを有効にすると、データの取得に使用される SQL クエリや、データベーステーブル内にあるヘッダーカラムのリストといった、XML ファイル内にあるコメントがエクスポートされます。

 

フィールド名が書かれた最初の行を作成 :有効になっていると、エクスポートされたテーブルにデータベースカラム名が含まれます。

 

区切り文字を削除 :エクスポートされたデータのテキスト値内にある区切り文字を削除します。コンボボックスから削除する区切り文字を指定してください。例えばこのオプションが有効になっており、アポストロフィーが指定されている場合、Ba'ker という XML 値をエクスポートすると、実際にエクスポートされる値は Baker となります。

 

新しい行を削除 :エクスポートされるデータから新しい行を削除します。

 

 

文字列引用句 :このコンボボックスにて指定された引用句が、データの各文字列において使用されます。

 

バイトオーダー :16ビットまたは32ビットユニコード(UCS-2、UTF-16、または UCS-4)ファイルをエクスポートする場合、リトルエンディアンとビッグエンディアンからバイトオーダーを選択することができます。

 

エクスポートオプション

以下に記されるその他のエクスポートオプションは、エクスポートタブにて指定することができます(以下のスクリーンショットを参照)。

URefConvert_Exp2Text_ExpOptions

エクスポートの開始点 :XML ドキュメント全体をエクスポートするか、現在選択されている要素から始まるデータ構造のみをエクスポートするか選択することができます。エクスポートされるサブレベルの深さについては、エクスポートする深さオプションにて指定することができます。

 

エクスポートする深さ :開始点から見て、エクスポートされるサブレベルの数を指定します。

 

エクスポートフィールド :XML データによって、要素や属性、または要素内のコンテンツだけをエクスポートすることができます。プレビューウィンドウでは、個々の要素に対してエクスポートするかを選択することもできます。

 

自動生成フィールド XMLSpy では選択された各要素の型に対して1つの出力ファイルやテーブルが生成されます。主キーや外部キーのペアを自動的に作成することで、データをリレーショナルにリンクしたり、各要素に対して主キーを定義することができます。

 

名前空間の名前を削除 :コロンをアンダースコアに置き換えるラジオボタンと択一のオプションになります。要素や属性の名前空間プレフィックスを削除するか、名前空間プレフィックスのコロンをアンダースコアに置き換えるか選択することができます。

 

オプションの適用: オプションが設定されると、このボタンをクリックして、オプションを適用します。プレビューペイン内のプレビューは新しいオプションと共に更新されます。

 

 

プレビューウィンドウ

プレビューウィンドウは選択範囲ならびにエクスポートオプションタブ以下に表示されます。

URefConvert_Exp2Text_Preview

XML ファイルからの要素ペインには、エクスポートされるノードの名前と、生成されるファイルにおける名前が表示されます。エクスポートされるノードを選択/選択解除することができます。要素が選択されていると、その構造が下部にあるペインにて表示されます。このペインにて、カラムの左をクリックすると、そのカラムをエクスポートするかどうか選択することができます。 上のスクリーンショットでは、 最後の列 (FK_Office) がオフに切り替えられています。

 


(C) 2019 Altova GmbH