XML スキーマを元にデータベースをインポート

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  ユーザーマニュアル > メニューコマンド > 変換メニュー >

XML スキーマを元にデータベースをインポート

ic_conv_db_import_from_schema

XML スキーマを元にデータベースをインポート」コマンドにより、与えられた XML スキーマに従う形で妥当かつ、データベースからインポートされたデータを含む XML ドキュメントが作成されます。この機能は以下のデータベースにてサポートされます:

 

Microsoft Access 2000 と 2003
Microsoft SQL Server
Oracle
MySQL
Sybase
IBM DB2

 

インポートされるデータはデータベースにて選択されているテーブルにより決定されます。スキーマビューにてアクティブになっているドキュメントが、インポートにて使用される XML スキーマとなり、データベースへの接続が行われます。インポートを行うテーブルを選択し、インポートをクリックします。データが XML ドキュメントへインポートされ、データのインポート時にアクティブだった XML スキーマに従う形でドキュメントは構成されます。

 

以下の例では、MS Access データベース上にあるデータが、スキーマビューでアクティブな XML スキーマに従ってにインポートされます。インポートを行うためのステップを以下に示します:

 

1.スキーマファイルをスキーマビューにて選択します(以下のスクリーンショットを参照)。

imp-based-on

 

2.メニューコマンド「XML スキーマを元にデータベースをインポート」を選択します。 データソースへ接続 ダイアログが表示されます。
3.Microsoft Access (ADO) オプションを選択し、次へをクリックします。
4.参照をクリックし、データベースファイルを選択します。次へをクリックします。

 

5.XML スキーマに基づく DB インポートダイアログにて、テーブルタグへ移動し、インポートを行うテーブル(例えば Altova)を選択し、「インポート」をクリックします。テーブルが XML ドキュメントへインポートされ、グリッドビューにて表示されます。

 

 

データ型の変換

データベースのデータ型から XML スキーマのデータ型への変換に関する情報については、 付録を参照してください。

 


(C) 2019 Altova GmbH