出力ウィンドウ:XBRL 内を検索

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  ユーザーマニュアル > インターフェイスと環境 > グラフィカルユーザインターフェース (GUI) >

出力ウィンドウ:XBRL 内を検索

XBRL 内を検索ウィンドウには、XBRL タクソノミドキュメントに対する検索の結果が表示されます。ウィンドウには9つのタブが含まれており、1つのタブにある結果を、別のタブに表示されている結果と比較することができます。

 

XBRL 内を検索する機能は、XBRL タクソノミが XBRL ビューで開かれているときに使用することができます。この検索機能の使用方法については、ユーザマニュアルの XBRL セクション にある XBRL 内を検索を参照ください。

 

FindinXBRLResults

 

検索ボタンをクリックすることで、検索ダイアログが表示されます。検索が一度行われた後、次を検索ボタンをクリックすることで、XBRL ビューにて現在カーソルが位置している箇所を起点に、検索文字列に一致する次のインスタンスが出力ウィンドウに表示されます。

 

以下のコマンドが XBRL 内で検索ツールバーで使用できます。

 

ならびにアイコンにより、検索結果の選択箇所を移動します。
メッセージのコピーコマンドにより、選択されたメッセージ、選択されたメッセージとその子供、全てのメッセージをクリップボードにコピーします。
検索コマンドにより、XBRL 内を検索ウィンドウ内にある文字列の検索を行ないます。
クリアコマンドにより、現在アクティブなタブ内のメッセージを全て削除します。

 


(C) 2018 Altova GmbH