出力ウィンドウ:チャート

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  ユーザーマニュアル > インターフェイスと環境 > グラフィカルユーザインターフェース (GUI) >

出力ウィンドウ:チャート

テキストビュー、またはグリッドビューで XML ドキュメントが開かれている場合、XML ドキュメント内で選択されているデータから、チャートウィンドウにグラフ(円グラフや棒グラフなど)を生成することができます。

 

ChartWindow

 

チャートの作成

チャートを作成するための大まかなステップは以下のとおりです:

 

1.XML ドキュメント内にカーソルを配置し、コンテキストノードを選択します。
2.(上のスクリーンショットにあるように)チャートウィンドウ内の新規チャートボタンをクリックするか、メインウィンドウ内で右クリックして、コンテキストメニューから新規チャートを選択します。.
3.表示されるカラムの選択ダイアログにて、チャートデータテーブルに使用するデータを選択して、OK をクリックします。チャートウィンドウにてグラフが作成されます(上のスクリーンショットを参照)。

 

詳細については、ユーザマニュアルのXML セクション にある、 チャート を参照ください。

 

チャートの修正と管理

グラフはチャートウィンドウにある(ウィンドウの左側にある)9つのタブのどれかにて作成することができます。この機能を使うと、複数のチャートを別のタブに作成し、比較を行うことができます。あるタブに作成されたグラフは、そのタブで新たにグラフが作成されない限り置き換えられず、その他の方法で削除することもできません。チャートの生成のために使用された XML ドキュメントが閉じられた後も、作成されたチャートはタブの中に保持されます。

 

ウィンドウの上部にあるボタンは以下のとおりです:

 

新規チャート :カラムの選択ダイアログが表示され、チャートデータテーブルの設定を行うことができます。
オーバーレイ: メインのチャート上にレイヤーを追加、または、削除することができます。新規のレイヤーを作成下の地、このレイヤーを新規のレイヤータブをクリックして、追加することができます。また、このオーバーレイチャートで使用されるデータを指定することもできます。
種類の変更 :グラフの種類を、例えば棒グラフや円グラフに変更します。
外観の変更 :グラフに表示されるフォントの大きさや、使用される色などを変更します。
データの選択 :チャートデータテーブルや、グラフにて表示されるデータの選択を行う、データの選択ダイアログが表示されます。このダイアログでは、データの系列や、X-軸、Y-軸などを修正することができます。X-軸、Y-軸のデータは、チャートデータテーブルからグラフィカルに選択することができます。OK をクリックすることで、チャートウィンドウに修正されたチャートが生成されます。
エクスポート :チャートはイメージファイルとして、または XSLT や XQuery フラグメントとしてクリップボードにコピーすることができます。XSLT や XQuery フラグメントは、XSLT または XQuery ドキュメント内で使用することができ、Altova XSLT 2.0 エンジンや Altova XQuery エンジンにて、レンダリングが行われます。
再ロード、自動 自動ボタンが有効になっていると、XML ドキュメントに変更が加えられると、その XML ドキュメントをベースにした、チャートウィンドウ内にあるグラフも描きかえられます。有効になっていない場合、再ロードボタンが押されることで、グラフの更新が行われます。

 

 

詳細に関しては、ユーザーマニュアルの XML セクションチャートセクションを参照してください。

 


(C) 2018 Altova GmbH