カスタムツールバーの作成

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  プログラマーのレファレンス > ActiveX Integration > ActiveX 統合のサンプル > HTML > ドキュメントレベルの HTML 統合 >

カスタムツールバーの作成

カスタムツールバーは、 XMLSpy コマンドのイメージを持つボタンにより構成されています。 コマンド ID 番号は、表示されるボタン要素内で見つけることができます コマンドテーブル

 

<button id="btnWellFormed" title="Check Well-formedness" onclick="BtnDoCommand(34049)">

 <img src="..\Images\IDC_CHECK_WELL_FORM.gif" width="16" height="16" />

</button>

<button id="btnValidate" title="Validate" onclick="BtnDoCommand(34174)">

 <img src="..\Images\IDC_VALIDATE.gif" width="16" height="16" />

</button>

 

 

ボタンをクリックすると、 対応する コマンド ID がマネジャーコントロールに送信されます。

 

<SCRIPT ID="Javahandlers" LANGUAGE="javascript">

// ---------------------------------------------------------------

// perform any command specified by cmdID.

// command routing includes application, active document and view.

function BtnDoCommand(cmdID)

{

 objXMLSpyX.Exec( cmdID );

 msgtext.innerText = "Command " + cmdID + " performed.";

}

</SCRIPT>

 


(C) 2018 Altova GmbH