ドキュメントレベルの HTML 統合

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  プログラマーのレファレンス > ActiveX Integration > ActiveX 統合のサンプル > HTML >

ドキュメントレベルの HTML 統合

このサンプルは、ドキュメントレベルで HTML ページに XMLSpy コントロールを統合する方法について説明しています。 次のトピックについて説明されています:

 

HTML コード内でXMLSpyControl ActiveX コントロール オブジェクトをインスタンス化します。
XMLSpy ファイルの編集を許可する XMLSpyControlDocument ActiveX コントロールをインスタンス化します。
XMLSpyControl プロジェクトウィンドウのための XMLSpyControlPlaceHolder をインスタンス化します。
XMLSpy ヘルパーウィンドウをホストするためにXMLSpyControlPlaceHolder をインスタンス化します。
XMLSpy 検証出力ウィンドウを表示するためにXMLSpyControlPlaceHolder ActiveX コントロールをインスタンス化します。
頻繁に使用される XMLSpy コマンドのためのシンプルなカスタマーツールバーを作成します。
XMLSpy の COM 自動化インターフェイスを使用するボタンを追加します。
コマンドボタンを更新するためのイベントハンドラーを使用します。

 

このサンプルは、XMLSpy インストールの<ApplicationFolder>\Examples\ActiveX\HTML\ フォルダー内の ファイル XMLSpyActiveX_ApplicationLevel.htm  内で使用することがあります。

 


(C) 2018 Altova GmbH