データベースの割り当て

 

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  ユーザーマニュアル > Altova グローバルリソース
> グローバルリソースを使用する
 >

データベースの割り当て

 

DB から XMLSpy  へ、データや(XML スキーマとして)データ構造をインポートするコマンドを実行すると(例えば、「変換 | データベースのデータをインポート」 コマンドを使用)、オプションとしてグローバルリソースを使用することができます(以下のスクリーンショットを参照)。メニューにあるデータベースに関連するコマンドでも、データベース型のグローバルリソースを使用することができます。メニューにあるデータベースに関連するコマンドでも、データベース型のグローバルリソースを使用することができます。

DBConnectWithGlobalResXS

データベースを開くダイアログにてグローバルリソースアイコンをクリックすると、現在アクティブなグローバルリソース XML ファイルに定義されている全てのデータベース型グローバルリソースが表示されます。目的のグローバルリソースを選択して、「接続」 をクリックします。選択されたグローバルリソースに2つ以上の構成が割り当てられている場合、現在アクティブな構成に対応したグローバルリソースが使用され(「ツール | アクティブな構成」 またはグローバルリソースツールバーを確認してください)、接続が確立されます。 DB から XML スキーマを作成DB データのインポート に記述されているように、使用するデータ構造やデータを選択する必要があります。


(C) 2018 Altova GmbH