「XSL/XQuery」メニュー

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  プログラマーのレファレンス > ActiveX Integration > コマンド レファレンス >

「XSL/XQuery」メニュー

「XSL/XQuery」メニューには以下のコマンドが含まれます:

 

メニューアイテム

コマンド名

ID

XSL 変換

IDC_TRANSFORM_XSL

33006

XSL スピードオプティマイザー

IDC_TRANSFORM_XSLPBO

34306

XSL-FO 変換

IDC_TRANSFORM_XSLFO

33007

XSL パラメーター / XQuery 変数...

IDC_TRANSFORM_XSL_PARAMS

33008

XQuery/Update 実行

IDC_TRANSFORM_XQUERY

34170

バックマッピングの有効化

IDC_ENABLE_BACKMAPPING

34364

XSLT/ XQuery プロファイリングの有効化....

IDC_PROFILING_OPTIONS

34105

XSL の割り当て...

IDC_ASSIGN_XSL

33001

XSL-FO の割り当て...

IDC_ASSIGN_XSLFO

33002

サンプル XML ファイル の割り当て...

IDC_ASSIGN_SAMPLE_XML

33000

XSL へ移動

IDC_GOTO_XSL

33004

デバッガーの開始 / 移動

ID_PROCESS_XSL

34212

デバッガーの停止

ID_XSLT_DEBUGGER_STOP

33017

デバッガーの再起動

ID_XSLT_DEBUGGER_RESTART

33013

デバッグセッションの終了

ID_XSLT_DEBUGGER_END_SESSION

33011

ステップイン

ID_XSLT_DEBUGGER_STEP

33014

ステップアウト

ID_XSLT_DEBUGGER_STEP_OUT

33015

ステップオーバー

ID_XSLT_DEBUGGER_STEP_OVER

33016

現在の実行ノードを表示

ID_XSLT_DEBUGGER_GO_TO_CURRENT_EXECUTION_NODES

33012

ブレークポイントの挿入/削除

IDC_TOGGLE_BREAKPOINT

34246

トレースポイントの挿入/削除

IDC_TOGGLE_TRACEPOINT

34248

ブレークポイントの有効化/無効化

IDC_ENABLE_BREAKPOINT

34245

トレースポイントの有効化/無効化

IDC_ENABLE_TRACEPOINT

34247

ブレークポイント/トレースポイント...

ID_XSLTDEBUGGER_BREAKPOINTS

33009

コールスタック

ID_XSL_DEBUGWINDOWS_CALLSTACK

34238

XPath ウォッチ

ID_XSL_DEBUGWINDOWS_WATCH

34244

コンテキスト

ID_XSL_DEBUGWINDOWS_CONTEXT

34239

変数

ID_XSL_DEBUGWINDOWS_VARIABLE

34243

メッセージ

ID_XSL_DEBUGWINDOWS_MESSAGES

34240

テンプレート

ID_XSL_DEBUGWINDOWS_TEMPLATES

34241

情報

ID_XSLXQUERY_DEBUGWINDOWS_INFO

34237

トレース

ID_XSL_DEBUGWINDOWS_TRACES

34242

デバッグ設定...

ID_XSLTDEBUGGER_SETTINGS

33010


(C) 2018 Altova GmbH