DB テーブル内をナビゲートする

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  ユーザーマニュアル > Authentic > Authentic View 内で編集する > DB の編集  >

DB テーブル内をナビゲートする

DB テーブル行をナビゲートするコマンドは、 Authentic View ドキュメント内でボタンとして使用することができます。通常、4-5つのボタンを持つナビゲーションパネルが各 DB テーブルに伴います。

 

db_controls_panel

 

矢印アイコンは、左側から右側、内の最初のレコードに移動する、前のレコードに移動する、レコードダイアログに移動する、 次のレコードに移動する、最後のレコードに移動する、などがあります (スクリーンショットを参照してください)。

 

db_goto_record

 

DB テーブルをナビゲートするには、必要なボタンを押してください。

 

XML データベース

IBM DB2 などの XML DB の場合、セル (または、行) には、単一の XML ドキュメントが含まれており、このため、単一の行が Authentic View にロードされます。 他の行内の XML ドキュメントをロードする場合は、 「Authentic |  編集のために XML データを持つ新規の行を選択する」 メニューコマンドを使用します。

 


(C) 2019 Altova GmbH