Authentic View 内で編集する

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  ユーザーマニュアル > Authentic >

Authentic View 内で編集する

このセクションは Authentic View の重要な機能について詳しく説明しています。機能は頻繁に使用されるため、または、メカニズム、または、概念について説明が必要なため、これらの機能はこのセクションに含まれています。

 

セクションでは以下について説明されています:

 

Authentic View 内で使用されているテーブルには3つの種類が存在します。セクション Authentic View 内のテーブルを使用する はテーブルの3つの種類 (静的な SPS、動的な SPS、および XML) がいつどのように使用されるかについて説明しています。最初に広義および概念についての説明がされ、使用方法の詳細について説明されます。
日付の選択は、日付をクリックすると、正確な XML 書式で日付を入力する視覚的なカレンダーです。次を参照してください: 日付の選択
エンティティは、特殊文字、または、テキスト文字列の短縮形です。これらの特殊文字 、または、テキスト文字列を挿入するために、対応するエンティティを挿入することにより、自身のエンティティを定義することができます。 詳細に関しては、次を参照してください: エンティティの定義
Altova 製品の Enterprise と Professional エディションでは、 Authentic View ユーザーは、デジタル XML 署名を使用して XML ドキュメントを署名し、 署名を検証することができます。
Authentic View で表示することのできる イメージ

 

Altova Web サイト: AltovaWebLink XML コンテンツの編集XML の作成

 

 


(C) 2019 Altova GmbH