XMLSpyControlDocument.OnContextChanged

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  プログラマーのレファレンス > ActiveX Integration > オブジェクトレファレンス > XMLSpyControlDocument > Events >

XMLSpyControlDocument.OnContextChanged

イベント: OnContextChanged (i_strContextNameString として、 i_bActivebool として) を bool として

 

ディスパッチ ID: 1004

 

詳細:

異なる XMLSpy ビュー内でドキュメントが表示されると、このイベントはトリガーされます。 次の値がパスされます:

 

グリッドビュー - "View_0" がコンテキストメニューとしてパスされます。
テキストビュー - "View_1" がコンテキストメニューとしてパスされます。
ブラウザービュー - "View_2" がコンテキストメニューとしてパスされます。
スキーマビュー - "View_3" がコンテキストメニューとしてパスされます。
Authentic ビュー - "View_4" がコンテキストメニューとしてパスされます。
WSDL ビュー - "View_5" がコンテキストメニューとしてパスされます。    

(C) 2018 Altova GmbH