Visual Basic

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  StyleVision Server API > コードのサンプル >

Visual Basic

下のサンプルは、PXF ファイルと入力 XML ファイルを使用して、出力 RTF ファイルを生成するために C++ コードを使用する方法を表示しています。 StyleVision Server がインストール、および、ライセンスされていること、また、 COM サーバーオブジェクトとして使用できることを確認してください。COM サーバーオブジェクトとしての登録は、 StyleVision Server   登録の成功を確認するために、次を参照してください: COM インターフェイスについて.

 

Option Explicit On

 

Module Program

 

  Sub Main()

 

      'Create a StyleVision Server object

      Dim objSVS As Altova.StyleVisionServer.Server = New Altova.StyleVisionServer.Server

 

      'Set a working directory - used for output and for intermediate files

      objSVS.WorkingDirectory = "C:\temp"

 

      'Default path to the StyleVision Server executable is the installation path (same dir with the StyleVisionServer.dll)

      'In case you moved the binaries on the disk, you need to explicitly set the path to the .exe file

      'objSVS.ServerPath = "C:\Program Files (x86)\Altova\StyleVisionServer2019\bin\StyleVisionServer.exe"

 

      'Prepare the name of the working XML

      objSVS.InputXML = "ExpReport.xml"

 

      'Add output paths (absolute or relative to WorkingDirectory) for all formats that should be generated

      objSVS.OutputRTF = "ExpReport.rtf"

 

      'Prepare the parameters, if your design uses parameters

      'Call objSVS.AddParameter( "testparam1", "value 1" )

 

      ' Run the transformation; the output will be stored at C:\temp\ExpReport.rtf

      ' NOTE Please adapt the path to the input file in order to run the sample

      If (objSVS.Run("C:\Program Files (x86)\Altova\StyleVisionServer2019\etc\Examples\ExpReport.pxf")) Then

          System.Console.WriteLine("Success - finished execution")

      Else

          System.Console.WriteLine(objSVS.LastExecutionMessage)

      End If

 

  End Sub

 

End Module

 


(C) 2019 Altova GmbH