Java インターフェイスについて

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  StyleVision Server API >

Java インターフェイスについて

Java コードから StyleVision Server API にアクセスするには、 Java プロジェクトの .classpath ファイルに次のレファレンスを追加します。

 

StyleVisionServer.jar           StyleVision Server と通信するライブラリ

StyleVisionServer_JavaDoc.zip   StyleVision Server API のドキュメント

 

両方のファイルは、 StyleVision Server インストール bin フォルダーの中で使用することができます。ファイルを元の場所から参照するか、または、プロジェクトのセットアップに合う場合は他の場所にコピーすることができます。

 

 

Eclipse 内にライブラリ レファレンスを追加する

Eclipse 内では、 Java プロジェクトのプロパティを編集することによりクラスパスのレファレンスを追加することができます。下のサンプルの処理は、サンプル Eclipse 4.4 に適用することができます。

 

1.Eclipse 内で開かれているファイルの プロジェクト メニューから、「プロパティ」をクリックします。
2.ライブラリタブから「外部 JAR を追加する」 をクリックして、 StyleVision Server インストールフォルダー内の StyleVisionServer.jar ファイルを参照します。
3.ビルドパスの下の JAR とクラス フォルダー から、 StyleVisionServer.jar レコードを展開し、 Javadoc location: (None) レコードをダブルクリックします。
4.アーカイブと外部 ファイル オプション内で Javadoc が選択されていることを確認し、 StyleVision Server インストールフォルダー内にある StyleVisionServer_JavaDoc.zip ファイル を参照してください。
5.「OK」 をクリックします。StyleVision Server ライブラリと Javadoc アーカイブへのレファレンスは、プロジェクトの .classpath ファイルに追加されます。

 


(C) 2019 Altova GmbH