.NET インターフェイスについて

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  StyleVision Server API >

.NET インターフェイスについて

.NET インターフェイスは、 COM インターフェイスの周りのラッパーとして作成されます。 これらは、Altova により署名され、名前空間 Altova.StyleVisionServer を使用するプライマリ相互運用機能アセンブリとして提供されます。

 

手動の登録は必要ないため、インストール中、 StyleVision Server は自動的に COM サーバーオブジェクトとして、自動的に登録されます。アクセスエラー送信されると、コンポーネントサービスを開き、 StyleVision Server を含むアプリケーションプールを実行する同じアカウントへのパーミッションを与えます。

 

.NET プロジェクトで StyleVision Server を使用するには、 Altova.StyleVisionServer.dll ファイルにレファレンスを追加します (下の説明を参照してください)。 Altova.StyleVisionServer.dll は、 StyleVision Server インストールフォルダー内の bin フォルダーにあります。この .dll ファイルは、自動的にグローバルアセンブリキャッシュ (GAC) に StyleVision Server インストール中に追加されます( GAC は通常以下で見つけることができます C:\WINDOWS\assembly フォルダー).

 

StyleVision Server が COM サーバーオブジェクトとして登録されると、 と Altova.StyleVisionServer.dll を .NET インターフェイスで使用できるようになります。 StyleVision Server API 機能は、 .NET プロジェクト内で使用できるようになります。

 

 

Visual Studio .NET プロジェクト内の StyleVision Server DLL にレファレンスを追加する

 

1.Visual Studio 内で開かれている .NET プロジェクトから、「プロジェクト | レファレンスを追加する」 をクリックします。レファレンスの追加ダイアログボックスがポップアップします。
2.参照タブで、<StyleVisionServer application folder>/bin フォルダーを参照し、 Altova.StyleVisionServer.dll を選択して、「OK」クリックします。

(オブジェクトブラウザーを表示するには、 「表示」メニュー内の「オブジェクトブラウザー」をクリックします) Visual Studio オブジェクトブラウザーを使用して、 Altova の構造を確認することができます。StyleVisionServer アセンブリの構造をビューすることができます。

 


(C) 2019 Altova GmbH