このサイトをビューするために JavaScript を有効化してください。

Altova StyleVision 2020 Professional Edition

おめでとうございます!これでチュートリアルは終了です。以下にあるような、SPS を作成する際に最も重要な内容を学習したことになります :

 

ドキュメントの構造を作成 する方法、 (メインのテンプレートグローバルテンプレート)

動的静的  SPS コンポーネントを使用して、動的ならびに静的なコンテンツをデザイン内部へ挿入する方法。

外部スタイルシートグローバルスタイルルール、とローカルスタイルルールにて、CSS スタイルを使用する方法。

自動計算 を使用して、XML データ内部の情報を取得する方法。

条件 を使用して、XML データのフィルタリングや、XML から得られたデータに従った出力を得る方法。

グローバルテンプレートその他のコンテンツを使用する方法。

 

これら機能の詳細な説明については、以下にあるセクションを参照ください:

 

SPS ファイル: コンテンツ

SPS ファイル: 構造

SPS ファイル: 高度な機能

SPS ファイル: プレゼンテーション

SPS ファイル: 追加機能

 

上記のセクションでは、このチュートリアルでは触れられなかったその他の StyleVision 機能についても解説されます。

 

SPSの使用する

SPS が完成すると、以下にある SPS の機能を使用することが可能になります:

 

XMLSpy の Authentic View で、または Authentic Desktop にて、ドキュメントを編集する (Enterprise と Professional エディションには、サイドバーやテキスト状態アイコンが表示されない Authentic View プレビュータブが搭載されます)。これら2つの製品には Authentic View が搭載されており、サイドバーやコンテキストメニューを使用することができます。XMLSpyAuthentic DesktopAuthentic Desktop 内の Authentic View にて QuickStart.xml を編集するには、XML ファイルを MyQuickStart.sps へ関連付け、Authentic View へ切り替えます。

XML ファイル HTML 出力へ変換する XSLT スタイルシートを生成する。 「ファイル | 生成されたファイルの保存」 コマンド、または コマンドラインから XSLT スタイルシートを生成することができます MyQuickStart.sps から XSLT スタイルシートを生成し、スタイルシートを使用して QuickStart.xml の変換を行うことができます。

 

 

 

(C) 2019 Altova GmbH