オプション

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  ユーザー リファレンス > ツールメニュー >

オプション

[オプション] コマンドにより、HTML 出力 ファイルのエンコードを指定するためのダイアログが表示されます。

 

デザインビュー オプション

デザイン タブでは、アプリケーション全体で使用される一般的なデザイン オプションをセットすることができます (以下のスクリーンショットを参照)。

 

DlgOptionsDesign

 

以下のオプションをセットすることができます:

 

マークアップの (ピクセル) 最大幅。ピクセル数として正の整数を入力してください。
レイアウト コンテナーのグリッド サイズ。指定された長さが、対応するグリッドの軸に表示されるグリッド間の幅となります。
レイアウト ボックスのデフォルト追加幅と追加高さ。入力された長さが出力フォーマットにてテキストのレンダリングを行うために必要な追加長さとしてレイアウト ボックスに追加されます。これらの値はパーセンテージとして、または絶対長さ単位として入力することができます。
コンテキスト ノードが未知の場所にノード テンプレートが作成された時のデフォルトの振る舞い。このオプションは、デザインのスキーマ ソース内にあるコンテキスト内部に配置することができないアイテムに対してテンプレートが作成されるようなユーザー定義テンプレートに適用されます。このようなユーザー定義テンプレート内部でノードが作成されると、(i) その名前だけで、または (ii) スキーマ ルートからのフルパスとともにノードを作成することができます。デフォルトの振る舞いとして、これらオプションンのどれかを選択することができるほか、このような状況でユーザーへの確認を求めるように指定することができます。デフォルトの選択は [常に確認する] です。

 

 

 

スキーマオプション

スキーマ ツリーでは、要素や属性をアルファベット順に表示することができます。スキーマ タブにて対応するチェック ボックスにチェックを入れてください (以下のスクリーンショットを参照)。デフォルトでは、属性がアルファベット順で、要素がスキーマの構造に従うかたちで表示されるようになっています。

 

プロジェクトオプション

プロジェクト サイドバーにて XML ファイルや XSD ファイルがダブルクリックされると、オプション ダイアログのプロジェクト タブにてセットされたオプションにしたがって、以下のアクションのいずれかが実行されます (以下のスクリーンショットを参照): (i) ファイルを XMLSpy で編集する、(ii) 選択されたファイルをベースに新たなデザインを作成する、(iii) 実行するアクションを選択するよう確認する。

 

 

デフォルトのエンコード

[デフォルト エンコーディング] タブでは、各種出力にて使用されるデフォルトのエンコーディングを個別にセットすることができます。エンコーディングにより各種文字セットに対するコードポイントが指定されます。各コンボ ボックスのドロップダウン リストには、エンコーディング オプションのリストが表示されます。各種出力にて使用するエンコーディングを選択し、[OK] をクリックしてください。以降新規作成されるすべての SPS にて使用されるようになります。

 

XSLT-for-HTML では、以下の位置に出力エンコーディング情報が登録されます:

 

スタイルシートの xsl:output 要素にある encoding 属性:

<xsl:output version="1.0" encoding="UTF-8" indent="no" omit-xml-declaration="no" media-type="text/html" />

HTML ヘッダーの content-type meta 要素にある charset 属性:

<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=UTF-8" />

 

XSLT-for-RTF では、スタイルシートの xsl:output 要素にある encoding 属性に出力エンコーディング情報が登録されます:

<xsl:output version="1.0" encoding="ISO-8859-1" indent="no" method="text" omit-xml-declaration="yes" media-type="text/rtf" />

 

メモ: これらの設定は新規 SPS にて使用されるデフォルトのエンコーディングで、このダイアログから現在開かれている SPS のエンコーディングを変更することはできません。現在開かれている SPS のエンコーディングを変更するには、ファイル | プロパティ コマンドを使用してください。

 

MobileTogether デザイン

SPS ファイルを MobileTogether デザイン (MTD) ファイルに変換するために下にリストされたオプションを使用することができます。(変換は MobileTogether デザインファイルとしてエクスポートするコマンドを使用して行われます)。

 

(例えば太字または斜線の要素を含むパラグラフ要素) インラインフォーマットを含む構文テキストとパラグラフレベルのテキストはデフォルトで、テキストがブロックレベルのテキストのフォーマットを持つ箇所で単一のラベルに変換されます。 各ラベルがも元のテキストフラグメントに対応するフォーマットを持つ箇所で、この種類のテキストを複数の MTD ラベルに分割するオプションを設定することができます。
SPS にブランチを持つ条件が存在する場合、 MTD への変換はデフォルトで 条件の全てのブランチを変換し、 MTD ドキュメント内の他のシーケンスの1つ下に置かれます。 条件(と全てのブランチ)の変換を抑制することを任意で選択することができます。

(C) 2019 Altova GmbH