Authentic

www.altova.com すべてを展開/折りたたむ このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  ユーザー リファレンス > ツールバー >

Authentic

Authentic ツールバー には、Authentic View をカスタマイズするため、そして Authentic View にて XML ドキュメントを編集するためのコマンドが含まれています。これらのコマンドを以下のスクリーンショットに示します (ツールバー右のカスタマイズ ボタンをクリックすると、カスタマイズメニューのためのAuthentic ツールバーボタンの追加と削除を使用することができます)。

 

Authentic View ユーザーはこれらすべての機能を利用することができるほか、SPS のデザイン時にも Authentic View ユーザーが利用できる機能を使った SPS のテストを行うことができます。

 

MnuToolbar_Authentic1a

 

 

XML ドキュメントの検証、保存、再ロード

XML ドキュメントを Authentic View にて編集する際に、[XML の検証] ボタンを使用することで、作業用 XML ファイルの妥当性をチェックすることができます。編集された内容は [Authentic の XML データを保存] ボタンにて作業用 XML ファイルへ保存することができます。XML ドキュメントを再ロードすることで、前回保存したバージョンへ戻すこともできます。

 

XML データの新たな行を選択して編集

このコマンドは、SPS が XML DB をベースにしている場合にだけ有効になります。コマンドにより、XML の列を Authentic View へロードして編集することができます。詳細についてはコマンドの詳細 を参照ください。

 

Authentic View のマークアップタグ

Authentic View では、マークアップ タグの表示をカスタマイズすることができます。マークアップ タグを表示しない ([マークアップを隠す])、ノード名を表示する ([大きなマークアップの表示])、ノード名を表示しない ([小さなマークアップの表示])、または個々のノードに対して異なるオプションを指定する ([混合マークアップの表示]) ことができます。

 

Authentic View 内の動的テーブルを編集

Authentic View では、動的なテーブルに対して行オペレーションを行うことができます。行の挿入、追加、複製、移動、そして削除を、対応するボタン ([行の挿入]、[行の追加]、[行の複製]、[行を上に移動]、[行を下に移動]、[行の削除]) により行うことができます。

 

DTD エンティティの定義

Authentic View にて作業用 XML ファイルを編集中にエンティティを定義することができます。[DTD エンティティの定義] ボタンをクリックすることで、DTD エンティティの定義ダイアログが表示されます (使用方法については Authentic | エンティティの定義 を参照ください)。

 

 

 


(C) 2019 Altova GmbH