ハイパーリンク

www.altova.com すべてを展開/折りたたむ このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  ユーザー リファレンス > 挿入メニュー >

ハイパーリンク

ic_insert_hyperlink

 

[ハイパーリンク] コマンドにより、出力ドキュメント (HTML または RTF) 内にある任意の場所から、出力ドキュメント内にあるアンカー、または、外部ドキュメントやドキュメントフラグメントへのリンクを挿入することができます。 リンクは出力ドキュメントにだけ作成され、 Authentic View 内部でのリンク作成は行えないことに注意してください。

 

以下の操作によりハイパーリンクを挿入することができます

 

1.ハイパーリンクは既存のデザイン コンポーネントの周りに作成することができるほか、ドキュメントの任意の場所へ挿入することができます (この場合、その後リンク内部のテキストを挿入することになります)。ハイパーリンクへ変更する SPS コンポーネントやテキスト フラグメントを選択するか、リンクを挿入する箇所へカーソルを移動してください。
2.ツールバーにあるハイパーリンク アイコンをクリックするか、メニューから [挿入 | ハイパーリンクの挿入] を選択、または挿入箇所を右クリックして、コンテキスト メニューから [ハイパーリンクの挿入] を (またはデザイン コンポーネントが選択されている場合には [タグで囲む | ハイパーリンク]) 選択します。 デザイン要素の挿入 ツールバーにあるハイパーリンクの挿入アイコンを使用することでもハイパーリンクを挿入することができます。
3.ハイパーリンク ダイアログの挿入 ダイアログにて、リンク先のドキュメントやドキュメント フラグメントを指定してください。ドキュメント フラグメント (ドキュメント内にあるブックマーク) へのリンクを作成する場合、# シンボルを追加する必要があります。ハイパーリンクの URI は以下の形式で指定することができます:

 

静的なアドレスとして: [参照] ボタンにより選択された HTML ファイル、または [ブックマーク] ボタンにより選択されたデザイン ドキュメント内にあるブックマークが直接入力されます。例: http://www.altova.com (静的な Web ページ URI)、U:\documentation\index.html ([参照] ボタンにより選択)、#top_of_page ([ブックマーク] ボタンにより入力)。
動的なアドレスとして: XML ドキュメント内にあるノードを指定することで、そのノード内にあるアドレスがリンク先のアドレスとして使用されます。例えば、//otherdocs/doc1 というノードが指定されます。generate-id() 関数によりブックマークの名前が生成されている場合、ハイパーリンクの href も同じ generate-id() 関数により生成することが推奨されます。詳細については「 ハイパーリンクの定義を参照してください。
静的ならびに動的なテキストを組み合わせてアドレスとする: 静的なテキストと XML ドキュメント ノードを指定します。例: www.altova.com -- department/name -- #intropara
4.[OK] をクリックすることで、ハイパーリンクが作成されます。

 

メモ:動的なハイパーリンクのエントリーとしてノードを指定する際には、XPath 条件式の編集ダイアログにある [絶対 XPath] チェック ボックスにチェックを入れることで、絶対 XPath 条件式を入力することができます。チェック ボックスにチェックが入れられていない場合、XPath が挿入されるハイパーリンク内のノードに対して相対的になります。

 

パースされていないエンティティの使用

DTD をスキーマとして使用している場合、ハイパーリンク アドレスの動的な部分には、DTD 内にある解析対象外実体に対して宣言された URI を使用することができます。解析対象外実体の使用方法の詳細については、次を参照してください: パースされていないエンティティ URI の使用 を参照してください。

 

ハイパーリンクの編集

ハイパーリンクの作成後には href の値を編集することができます。ハイパーリンクを右クリックして、コンテキスト メニューから [URL の編集] を選択してください。プロパティ サイドバーにある [ハイパーリンク] グループ以下にある URL 属性からも URL を編集することができます。

 

ハイパーリンクの削除

ハイパーリンクがデザイン内で選択されている状態で Delete キーを押すことで、そのハイパーリンクを削除することができます。

 

 

 


(C) 2019 Altova GmbH