DB コントロールの自動追加

www.altova.com すべてを展開/折りたたむ このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  ユーザー リファレンス > Authentic メニュー >

DB コントロールの自動追加

ic_autoadd_db_control

 

DB コントロールの自動追加機能の有効/無効が切り替えられます。

 

DB コントロールの自動追加が有効になっている場合、DB テーブル要素がデザインへドロップされると、(以下に示される) DB コントロール パネルが、その DB テーブル要素の Row 子要素の直前に挿入されます。

 

db_controls_panel

 

DB コントロール パネルにより、 Authentic View ユーザーは Authentic View に表示される DB テーブルの行の範囲を変更することができます。最初の (左隅にある) ボタンにより、最初のレコードが表示され、2 番目のボタンにより直前のレコードが、3 番目のボタンにより表示するレコードを指定するためのダイアログが表示され (以下のスクリーンショットを参照)、4 番目のボタンにより次のレコードを表示、最後の (右隅にある) ボタンにより最後のレコード

 

db_goto_record

 

DB コントロールの自動追加が無効になっている場合、デザイン ドキュメントへ DB テーブルがドロップされても DB コントロール パネルは挿入されません

 

メモ: DB テーブルの開始と終了タグ間にカーソルが配置されている状態で、[挿入 | DB コントロール] 以下にあるサブメニュー コマンドを選択することにより、ナビゲーション ボタンを手動で挿入することもできます。このサブメニューからは、4 個のボタンからなるナビゲーションと、それらのボタンにレコードへ移動ダイアログを呼び出すためのボタンが加えられたナビゲーション ボタンを挿入することができます。

 

 

 


(C) 2019 Altova GmbH