合成スタイル

www.altova.com すべてを展開/折りたたむ このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  SPS ファイル: 表示方法 > Authentic におけるテキストスタイルの柔軟性 >

合成スタイル

Authentic View 以下のデザインコンポーネントに対して出力全体でスタイル情報を付与することができるようになります:

 

自動計算
(コンテンツ)プレースホルダ
段落(ブロック)デザイン要素
テーブルセル

 

以下にメカニズムを説明します:

 

メモ:合成スタイルに関するより一般的な情報については、 合成スタイルのセクションを参照ください。このセクションでは、Authentic View ユーザーが編集することのできる合成スタイルをセットアップする方法について記述されます。

 

XML 属性に合成スタイルを入力する

(複数のスタイルプロパティにより構成される)デフォルトの合成スタイルは、ソース XML ドキュメント内にある要素の属性値として入力されます。例えば、以下に示される XML ソースドキュメントの desc-style 属性には、デフォルトの合成スタイルが含まれています:

 

 <Desc desc-style="font-family:Verdana; font-size:12pt; color:blue">

 

SPS デザイナーは、これらスタイルプロパティを Authentic View にて編集できるように指定することができます。これにより、デザインコンポーネントのテキスト出力に対して Authentic View ユーザーが合成スタイルを指定できるようになります。デザインコンポーネントの合成スタイルが、デフォルトの合成スタイルを含むようにセットすることで、ユーザーによる編集が可能な合成スタイルを作成することができます。

 

メモ:XML ドキュメントを妥当なものとするために、合成スタイルへアクセスするために使用される属性は、ソーススキーマにて定義する必要があります。

 

サポートされている CSS テキストスタイルプロパティ

合成スタイルでは、以下の CSS スタイルを使用することができます:

 

font-family

font-size

font-weight

font-style

color

background-color

text-align

text-decoration

 

 


 

 

デザインコンポーネントの合成スタイル地として属性をセットアップする

デザインコンポーネントの合成スタイルが属性として定義された場合、Authentic View ユーザーによりこの合成スタイルを編集することができるようになります。Authentic View ユーザーは、デザインコンポーネントのテキスト出力における任意の場所にカーソルを配置して、Authentic View のリッチエディットツールバーからそのデザインコンポーネントの合成スタイルを編集することができるようになります。

 

以下の操作により、属性をデザインコンポーネントの合成スタイルとしてセットすることができます:

 

1.デザインビューにて、属性を合成スタイルとして割り当てるデザインコンポーネントを選択します。以下のスクリーンショットでは、Desc 要素の (コンテンツ) プレースホルダが選択されています。

 

CompositeStyles

 

2.コンテンツコンポーネントの合成スタイルプロパティに表示されているコンボボックスに、コンテキスト要素の属性が表示されます(上のスクリーンショットの右下にあるプロパティウィンドウを参照ください)。デザインコンポーネントの合成スタイルとしてセットする属性を選択してください。コンボボックスには空のエントリーも表示されている点に注目してください。合成スタイルを使用しない場合は、空のエントリーを選択してください。この場合、そのデザインコンポーネントの出力に対して、Authentic View におけるリッチエディット機能が無効になります。

 

Authentic View では、リッチエディットツールバーを使用することで、そのデザインコンポーネントの合成スタイルを修正することができるようになります。

 

 

 


(C) 2019 Altova GmbH