クエリペイン: クエリと作業する

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  SPS ファイルとデータベース > データベースへの問い合わせ >

クエリペイン: クエリと作業する

データベースへの接続が確立されている状態では、SQL スクリプトを SQL エディターへ入力し、実行することができます。このセクションでは以下の項目について説明します:

 

SQL エディターにて SQL スクリプトを入力する
データベースクエリウィンドウにてスクリプトを実行する

 

このセクションでは以下のアイコンが使用されます:

 

ic_dbqry_execute

クエリの実行

現在選択されている SQL ステートメントを実行します。スクリプトに複数のステートメントが含まれており、そのうちどれも選択されていない場合、全てのステートメントが実行されます。

ic-sql-import

SQL ファイルのインポート

SQL ファイルを SQL エディターにて開きます。

 

SQL ステートメントとスクリプトを SQL エディターにて作成する

以下の GUI メソッドを使用することで SQL ステートメントやスクリプトを作成することができます:

 

ドラッグとドロップ: ブラウザーペインから SQL エディターにオブジェクトをドラッグすることで、そのデータベースオブジェクトを問い合わせるためのステートメントが生成されます。
コンテキストメニュー: ブラウザーペインにてオブジェクトをクリックして、コンテキストメニューから「SQL エディターで表示 | SELECT」を選択します。
手動による入力: SQL エディターにて SQL ステートメントを入力します。入力には自動補完機能を使用することができます。
SQL スクリプトのインポート: データベースクエリウィンドウのツールバーにある SQL ファイルのインポートアイコンをクリックします。

 

SQL ステートメントの実行

SQL エディターに入力された SQL ステートメントが複数個ある場合、実行するステートメントを選択し、データベースクエリウィンドウのツールバーにある実行アイコンをクリックします。SQL スクリプトにてステートメントが選択されていない場合、スクリプト内に入力された全てのステートメントが実行されます。データベースのデータが取得され結果タブ のグリッドに表示されます。実行に関するメッセージが メッセージタブに表示されます。

 


(C) 2019 Altova GmbH