クエリペン: 説明と機能

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  SPS ファイルとデータベース > データベースへの問い合わせ >

クエリペン: 説明と機能

クエリペインは、選択されたデータベースに対するクエリを入力するための SQL エディターとして機能します。クエリを入力し、データベースクエリウィンドウにある 実行 コマンド をクリックすることにより、クエリ実行の結果とそのメッセージが 結果/メッセージペインにて表示されます。クエリの使用方法については、次のセクションの クエリペイン: クエリと作業するを参照ください。このセクションではクエリペインの主な機能について説明します:

 

データベースクエリツールバーにおける SQL エディターアイコン
SQL エディターオプション
SQL ステートメントの自動補完
SQL スクリプトの領域定義
SQL スクリプトに対するコマンドの挿入
ブックマークの使用

 

データベース クエリツールバーにおける SQL エディターアイコン

データベースクエリウィンドウのツールバーでは、SQL エディターに対して以下のアイコンを使用することができます:

 

ic_dbqry_execute

実行

現在選択されている SQL ステートメントを実行します。スクリプトに複数のステートメントが含まれており、そのうちどれも選択されていない場合、全てのステートメントが実行されます。

ic-sql-import

SQL ファイルのインポート

SQL ファイルを SQL エディターにて開きます。

ic-sql-export

SQL ファイルのエクスポート

SQL クエリを SQL ファイルに保存します。

ic_undo

元に戻す

SQL エディターにて行った変更を元に戻します。

ic_redo

やり直し

SQL エディターにて元に戻した変更をやり直します。

ic-sql-options

オプション

SQL エディターのオプションダイアログが開きます。

ic-sql-openinDBS

SQL スクリプトを DatabaseSpy で開く

SQL スクリプトを Altova DatabaseSpy で開きます。

 

SQL エディターオプション

データベースクエリツールバーにあるオプションアイコンをクリックすることで、オプションダイアログが表示されます(以下のスクリーンショットを参照)。左側のペインにてオプションの種類を選択することができ、ページのデフォルトにリセットボタンをクリックすることで、表示されている種類のオプション設定をデフォルトの値に戻すことができます。

 

dbquery_options

 

主な設定を以下に示します:

 

全般 / エンコード : 新規 SQL ファイルならびにエンコーディングが特定できない既存 SQL ファイルのエンコーディング、そしてバイトオーダーマーク (BOM) の設定を行います。既存の SQL ファイルにおけるエンコーディングが特定できる場合、エンコーディングが変更されることなくファイルは開かれ、保存されます。
SQL エディター : 構文の色分けや、実行時のデータソースへの接続を有効/無効にすることができます。クエリの実行にタイムアウトを指定することができ、指定された時間を超えた場合、タイムアウトを変更するためのダイアログを表示することもできます。入力ヘルパーは、自動補機能の一部として表示される入力ヘルパーを指します。SQL ステートメントを入力すると、エディターはコンテキストを考慮した自動補完の提案を表示します。 自動表示がオフに設定されている場合、 「Ctrl+Spacebar」 を押す事により SQL クエリ内で SQLÖ エディター内で自動補完の提案を要求することができます。入力ヘルパー情報のバッファーはデータソースへの接続時、または、データソースが最初に必要とされる時に入力することができます。テキストビュー設定ボタンは、 SQL エディター内のテキストのタブサイズのインデントなどの設定を行うことのできるダイアログを開きます。
SQL エディター / 生成 : ブラウザーペインからクエリペインへオブジェクトがドラッグされると、SQL ステートメントが生成されます。SQL 生成タブでは、SQL ステートメントの生成に対するオプションをセットすることができます。データベースリストボックスを使用することにより、データベースの種類ごとにステートメントの生成オプションをセットすることができます。全てのデータベースに適用チェックボックスを使用することで、現在選択されているオプションが全種類のデータベースに対して適用されます。ステートメントの終端にセミコロンを追加し、エスケープ文字により識別子を囲むオプションをセットすることができます。
SQL エディター / 結果表示 : 結果タブの設定を行うことができます。
SQL エディター / フォント : テキストエディターならびに結果ビューのフォントスタイルを指定することができます。

 

SQL スクリプト内の領域の定義

領域とは SQL スクリプトにて1つのまとまりとしてマーク、宣言されたものです。領域を使用することで、スクリプトの一部分を縮退または展開することができるようになります。領域を他の領域内にネストすることも可能です。領域は、-- region-- endregion というコメントにより、それぞれ開始/終了することになります。オプションとして領域には名前をつけることもでき、-- region の後に名前が入力されます(以下のスクリーンショットを参照)。

 

DBQueryRegions

 

領域を挿入するには、領域内に含めるステートメントが選択された状態で、右クリックして表示されるコンテキストメニューから領域の挿入を選択します。縮退/展開可能な領域が作成され、必要ならば名前を付け加えることもできます。上のスクリーンショットにおける行番号に注目してください。領域を削除するには、--region--endregion のコメントを削除してください。

 

SQL スクリプト内にコメントを挿入する

SQL スクリプト内にあるテキストはコメントアウトすることができます。コメントアウトされた箇所はスクリプトの実行時にスキップされることになります。

 

ブロックをコメントアウトするには、マークされたブロックを右クリックして、ポップアップメニューから「ブロックコメントを挿入/削除」を選択します。ブロックコメントを削除するには、マークされたコメントを右クリックして「ブロックコメントを挿入/削除」を選択します。
ある行、または行の一部をコメントアウトするには、行のコメントが始まる箇所にカーソルを配置して、右クリックにて表示されるコンテキストメニューから「行コメントを挿入/削除」を選択します。行コメントを削除するには、コメントをマークして右クリックにて表示されるコンテキストメニューから「行コメントを挿入/削除」を選択します。

 

ブックマークの使用

特定の行にブックマークを挿入することで、ドキュメント内のブックマークに対してナビゲーションを行うことができます。ブックマークを挿入するには、ブックマークされる行にカーソルを配置して、右クリックにより表示されるコンテキストメニューから「ブックマークの挿入/削除」を選択します。次、または前のブックマークへ移動するにはコンテキストメニューから「次のブックマークへ移動」または「前のブックマークへ移動」を選択します。ブックマークを削除するには、削除するブックマークがある行にカーソルを配置して、コンテキストメニューから「ブックマークの挿入/削除」を選択します。コンテキストメニューにある「全てのブックマークを削除」コマンドにより、作成されたブックマークが全て削除されます。

 


(C) 2019 Altova GmbH