ブラウザーペイン: DB オブジェクトの閲覧

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  SPS ファイルとデータベース > データベースへの問い合わせ >

ブラウザーペイン: DB オブジェクトの閲覧

ブラウザーペインでは、選択されたデータベースにあるオブジェクトの概要が表示されます。この概要には、カラムの主キーや外部キーといったデータベースの制約情報も表示されます。IBM DB2 バージョン 9 データベースでは、登録された XML スキーマが別のフォルダー以下に表示されます(以下のスクリーンショットを参照)。

 

このセクションでは以下の項目について説明します:

 

ブラウザーペインで利用可能な レイアウト
データベースオブジェクトのフィルター
データベースオブジェクトの検索 データベース オブジェクト
アクティブなデータソースにおけるルートオブジェクトの更新

 

ブラウザーペインレイアウト

デフォルトのフォルダーレイアウトにはデータベースオブジェクトが階層構造で表示されます。アイテムを右クリックすると、選択されたオブジェクトにより異なるコンテキストメニューが表示されます。

 

DBQueryBrowserPane

 

ブラウザーのレイアウトを選択するには、ブラウザーペインのツールバーにあるレイアウトアイコンをクリックして、ドロップダウンリストからレイアウトを選択します(以下のスクリーンショットを参照)。選択されたレイアウトによりアイコンが変わります。

 

DBQueryBrowserLayout

 

選択することのできるレイアウトを以下に示します:

 

フォルダー : 階層ツリーに表示されているオブジェクトの種類により、データベースオブジェクトをフォルダーごとに表示します。これがデフォルトの設定となります。
スキーマ無し : データベーススキーマフォルダーが無いという点を除きフォルダーレイアウトと同じ表示が行われます。テーブルはデータベーススキーマによりカテゴライズされません。
フォルダー無し : フォルダーを使用せずにデータベースオブジェクトを階層構造で表示します。
フラット : データベースオブジェクトを種類ごとに分けて最初の階層レベル以下に表示します。例えば、テーブル内にカラムを表示する代わりに全てのカラムがカラムフォルダー以下に表示されます。
テーブルの依存関係 : 他テーブルへのリレーションシップによりテーブルのカテゴライズを行います。外部キーが含まれるテーブル、外部キーにより参照されるテーブル、そして他テーブルへのリレーションシップを持たないテーブルにカテゴライズされます。

 

ユーザーならびにシステムテーブルへテーブルを並び替えるには、フォルダー、スキーマ無し、またはフラットレイアウトへの切り替えを行い、テーブルフォルダーを右クリックしてユーザーとシステムテーブルの並べ替えを選択します。ユーザーテーブルならびにシステムテーブルにてテーブルがアルファベット順に並べ替えられます。

 

データベース オブジェクトのフィルタリング

ブラウザーペインでは、(フォルダーなしとテーブルの依存関係レイアウトを除き)名前や名前の一部からスキーマ、テーブル、ビューのフィルタリングを行うことができます。文字の入力を行うことでオブジェクトがフィルタリングされます。デフォルトでは大文字と小文字は区別されません。

 

以下の操作によりブラウザーに表示されたオブジェクトのフィルタリングを行うことができます:

 

1.ブラウザーペインのツールバーにあるフォルダーコンテンツのフィルターアイコンをクリックします。テーブルならびにビューフォルダーの隣にフィルターアイコンが表示されます(以下のスクリーンショットを参照)。

 

DBQueryBrowserFilter

 

2.フィルタリングを行うフォルダーの隣にあるフィルターアイコンをクリックして、表示されるポップアップメニューからフィルタリングオプションを選択します(例: 含む)。

 

DBQueryBrowserFilterMenu

 

3.表示される入力フィールドにてフィルタリングの文字列を入力します(以下のスクリーンショットではテーブルフォルダーに対して Su という文字列が入力されています)。入力と同時にフィルターが反映されます。

 

DBQueryBrowserFiltered

 

データベース オブジェクトの検索

名前により特定のデータベースアイテムを検索するには、以下のようにブラウザーペインのオブジェクトロケーターを使用することができます:

 

1.ブラウザーペインのツールバーにあるオブジェクトロケーターアイコンをクリックします。ブラウザーペイン下部にドロップダウンリストが表示されます。
2.リストの入力フィールドに検索文字列を入力します。ドロップダウンの矢印をクリックすることで、検索文字列を含む全てのオブジェクトが表示されます。

 

 

DBQueryObjectLocator

 

3.リスト内のオブジェクトをクリックすることで、そのオブジェクトがブラウザーペインにて選択されます。

 

ルートオブジェクトの更新

ブラウザーペインのツールバーにある最新の状態に更新ボタンをクリックすることで、アクティブなデータソースのルートオブジェクトを再描画することができます。

 


(C) 2019 Altova GmbH