XML データベース

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  SPS ファイルとデータベース > DB Data Selection >

XML データベース

メニューオプションの「ファイル | 新規作成 | DB テーブルの XML カラムから新規作成」コマンドにより表示されるデータベースを開くダイアログにて XML データベース(現在 IBM DB2 XML データベースだけがサポート)への接続を作成した後には、以下にある2つの操作を行う必要があります:

 

目的の XML ドキュメントを含む DB 内にあるセルを選択する。XML ドキュメントが作業用 XML ファイルとして自動的にロードされます。
SPS に対する XML スキーマを選択する。

 

XML セルと 作業用 XML ファイルを選択する

IBM DB2 データベースへの接続が確立されると、XML テーブルの選択ダイアログが表示されます(以下のスクリーンショットを参照)。

 

1.XML テーブルの選択ダイアログにて作業用 XML ファイルとして作成する XML データが含まれているテーブルを選択します。以下のスクリーンショットでは、PURCHASEORDER テーブルが選択されています。

 

dlg_SelectXMLTable1

 

2.次へをクリックすると XML フィールドを選択ダイアログが表示されます(以下のスクリーンショットを参照)。ペインに表示されている選択のフィルタリングを行うには、SQL WHERE 句を入力し、更新をクリックします。 WHERE 句は条件です( WHERE キーワードなし、 例: NHE_TEST_TEXT= 'Two')

 

dlg_ChooseXMLCell

 

3.作業用 XML ファイルとして作成する XML データが含まれているセルを選択します。上のスクリーンショットでは選択されたセルが青色でハイライトされています。
4.次へをクリックします。SPS に対して使用されるスキーマを選択する XML スキーマを選択ダイアログが表示されます。以下の記述を参照ください。

 

メモ:JDBC を介して Oracle または IBM DB2 データベースへ接続して、SELECT ステートメントの追加/編集コマンドによりデータを取得する場合、SELECT ステートメントに終了を表すセミコロンを付け加えないようにしてください。

 

SPS に使用する XML スキーマを選択する

SPS に対して使用されるスキーマは DB 内に含まれている XML スキーマ、または StyleVision にてアクセスすることができる位置にあるスキーマとなります。以下の操作によりスキーマを選択することができます:

 

1.XML スキーマを選択ダイアログにて、DB 内に保管されているスキーマ、またはファイルシステム上にあるスキーマを選択するためのラジオボタンを選択してください。非 DB スキーマ(つまり外部ファイルのスキーマ)が選択された場合、DB による検証が行われることは無いという点に注意してください。

 

dlg_ChooseXMLSchema

 

2.スキーマを選択します。DB 内に保管されているスキーマはデータベースからのスキーマのドロップダウンリストから選択することができます。外部スキーマはファイルの参照を行うかたちで選択することができます。
3.完了をクリックして完了します。

 

スキーマツリー

XML データとスキーマを選択すると、選択された XML データが作業用 XML ファイルとして作成され、スキーマが SPS にロードされます。以下のスクリーンショットでは、作業用 XML ファイルとスキーマの両方が示されています。

 

WinSchemaSrcDB2XML

 

通常の StyleVision 機能により SPS のデザインを行うことができるようになります。作業用 XML ファイル内のデータは Authentic View により編集することができ、変更は DB へ保存されます。

 

メモ:作業用 XML ファイルは SPS がベースにしているスキーマに対して妥当である必要があります。スキーマの ルート要素 (ドキュメント要素) が XML ドキュメントのルート要素に対応していることも確認してください。

 


(C) 2019 Altova GmbH